学習し続けることを求めるということ

ここのところ余裕がなくて久しぶりのブログ更新。

先週の土曜日、半期に一度の全社総会を行いました。場所は毎度の築地にある築地社会教育会館。

ここは借りるのも安く、しかもランチタイムは築地市場が近いので、長めのランチタイムをとって築地ランチを楽しめるという絶好のロケーション。

豊洲に移転が決まっている築地卸売市場ですが、その後この近辺はどうなるのでしょうね。

少なくとも場内にあるカレーの名店、中栄さんは、豊洲に移転した上で、築地場外に2号店と出すらしいという報告がありましたので皆さんに共有いたします笑

 

全社総会。当社では半期に一度全社員が集まって、会社の半期の業績説明と今後の方針の共有、昼を挟んで午後から研修をするというプログラムでやっています。

研修はここ数回は、TED(熊ではない)のスピーチをいくつか見て、その感想を全員に発表してもらったりなどもやっています。

 

今回研修で見てもらったのは「選択」に関する2つのスピーチ

ダン・アリエリー「我々は本当に自分で決めているのか」

 

バリー・シュワルツ「選択のパラドックスについて」

 

今は便利ですね。講師として誰かをお招きしなくても、世界中にとてもリッチなコンテンツが無料で見れます。共通のものを見て、メンバー1人1人がそこからどういうことを感じるのか、どう捉えるのか、1人1人の思考、捉え方、発表の仕方など、普段の仕事では見れない本人の素養・能力を垣間見ることができます。この研修を通じて、皆は皆で学ぶ場になり、私は私でメンバー1人1人のポテンシャルを知ることができ、とても有意義な時間になっています。

残念なのは、それぞれ事情によって参加できなかったメンバーがいたこと。参加しないと各自の学びの場がなくなることと、私がその欠席メンバーのことを知ることができないのが残念。だから次回からはなんらかの事情で参加できないメンバーについては後から研修の動画を全部見てもらい、参加したメンバーと同じように自分語りをしている姿を動画にとって提出してもらおうかと思いました。それくらいこの場は大事にしていきたいなと。

 

この「学ぶ」ということに最近得に拘っています。

会社も世の中も今大きく変わろうとしています。そうした変化に適応するためには、やはり学びはかなり重要です。

自分の担当部門以外のことであっても会社でどういうことが行われているのか、そしてなぜそれが行われているのかを知ることもとても大事だし、業界のイベントに参加してトレンドを知ること、自分の専門領域を深掘るなど、身近なところにも学ぶことはいくらでもある。

さらに自分の領域外のことを学んで自分の幅を広げていくこと。これもかなり重要。

そしてそれらは与えられるものではなくて、自ら取りに行くことであること。だからやらないという選択も出来てしまうからこそ、個々人の意識がとても大事。

そしてその個々人の日常の意識は日々の成長に確実に影響があり、個々の「存在」を形作っています。

 

大きな変化をする時に、誰が学びを積み重ねているか、そしてその学びが本人の血肉になっているかを知ることは組織で誰をどこにアサインするかを決める上でとても重要だと思うのです。それを確認するためにも全社総会での研修は今後さらに重要度を高めていきたいと思いました。

 

「深く」学ぶこと、「広く」学ぶこと、これらはその職種や役割によってどっちなのか、両方なのか、それぞれのウエイトがどうなのかは変わってくるでしょう。それはそれでいいのです。

そして、何かをみてそれに対してどう感じるか、どう思うかのその個々人の発表の中身はごまかしが効かないもんなんだなと、今回の皆の発表を聞いても思いました。

 

学び続ける集団であること、自分の能力を最大限に伸ばす情熱をもっている人の集団であること、そこを目指して妥協しないで組織づくりをすること。それが私の役目だなと改めて思った全社総会でした。

 

学習し続けることを求めるということ” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中