「入れ歯でステーキ」キャンペーン始まります!

本日ようやく情報解禁!

11月1日より来年3月31日まで、全国100店舗以上で厚切りステーキを提供されているいきなり!ステーキ様との共同キャンペーン、

入れ歯でステーキ「もう一度ステーキを食べたい」その思いを叶えたい!コンフォートキャンペーン

を開催します!

lpimage03

具体的なキャンペーンの詳細はこちらのリンクをご参照いただくとして、簡単にご紹介しますと、

①全国の歯科医院にてコンフォートをご発注いただくと同時にキャンペーンにエントリー。

②エントリーいただいた方全員に、全国のいきなり!ステーキ店舗でご利用いただける、「肉マイレージカード(3000円チャージ付)」を進呈します。*70歳以上の方には、特典が充実している「シニアカード(3000円分チャージ付)」

visual_apri

③さらに毎月3名様に追加で10,000円分をチャージ!ご家族とステーキをご堪能ください!

お取り扱いいただく歯科医院にも、ご発注いただいた症例数に応じて「肉マイレージカード」にチャージ!

営業していただくコンフォート代理店の皆様にも、ご案内を進めていただく毎に「肉マイレージカード」にチャージ!!

歯科業界に「いきなり!ステーキ」の肉マイレージカードが乱舞します笑

*********

このキャンペーン、「もう一度ステーキを食べたい」その思いを叶えたい!と銘打っていますが、

きっかけは2人の先生のインタビュー。

お一人目は、東京歯科大学の櫻井教授。

今年の2月に行われたTHE SOFT LININGの出版イベントの反省会トーク企画の際に、

「義歯の患者さんに「何を食べられるようになりたい?」と聞くと、ほぼ全員が「ステーキ!」と答える」

そしてコンフォートを使った患者さんが、ただ噛めるだけでなく、噛み締められるようになったというお話をいただきました。

証拠映像はこちら笑

*ちなみに、この時の動画はこちらでご覧いただけます(有料)

あともうひと方、五反田の陽光歯科クリニックの北村院長。

コンフォートのインタビューで、もっとも印象に残った患者さんについて

「なにも食べられなかった患者さんが、ステーキも食べられるようになって二十歳の青春を取り戻したというお手紙をいただいた」というくだり。

こちらも動画はこちら。

ステーキというとご高齢の方はまさか食べないのでは、ご高齢の方はもっとさっぱりしたものを好むのではないかと我々は思いがちです。でもそれって我々の思い込み。

こうした先生方のお話をもとにいきなりステーキを展開されているペッパーフードサービス社様に共同キャンペーンのお話をお持ちしたところ、

・いきなり!ステーキのお客様のある一定割合は実はご高齢の方。

・それに合わせて椅子席を増やしたり(元々は立食スタイルだけだった)、70歳以上の方向けの特典会員カード(シニアカード)を作ったりしている。

というお話を伺いました。

また、グラクソ・スミスクラインの調査で「入れ歯の人が食べたい食品第1位はステーキ!」という結果もあります。

入れ歯の人が食べたい食品1位は「ステーキ」!――民間調査

義歯ケア用品「ポリデント」、「ポリグリップ」を販売するグラクソ・スミスクライン株式会社では、50歳代以上の義歯使用者600人を対象に、食生活の変化に関する実態調査を12月3〜6日にかけて実施した。

現在、義歯使用者(部分義歯使用者、総義歯使用者の合計)は、日本におよそ2,820万人(2009年時点)おり、年率約2%の割合で増加傾向をたどっている。2011年には2,963万人となり、日本国民全体の約4人に1人が義歯使用者になる見込み。

今回、同社が義歯使用者に対して食生活の変化に関する調査を実施したところ、義歯使用により、食べる機会が減ったお正月料理があることや、義歯使用を開始してから約1年後から、食生活における違和感などを持つ人が多くなっていることがわかった。

■調査結果概要:
義歯になって食べる機会が減ったお正月料理としては、するめ(60%)、たたきごぼう(28.3%)、トコブシの煮しめ(23.8%)。 常食するものではないとはいえ、おめでたい料理を食べられなくなるのは切ないことだろう。

義歯になって食べる機会が減ったものとしては、ガム(70.5%)、ピーナッツ(42.5%)、タコ・イカ(42%)、せんべい(35.9%)、肉(ステーキ)(31.2%)という結果となり、いずれも十分にかむ必要があるものばかり。

また、もし欠損歯がなかったら食べてみたいものとしては、肉(ステーキ)、タコ・イカ、せんべい、ガム、ピーナッツが上がった。いずれも珍しい食品ではないが、義歯になるまでは普通に食べていた食品だからこそ、余計に「あの食感や味をもう一度」と思うのだろうか。

さらに、「義歯を使用し始めて、日常生活で変わったこと」という問いに対しては、約半数の人が「義歯でない歯のケアに従来より注力するようになった」と回答。ついで、「口臭に対して従来より気を使うようになった」「オーラルケアへの意識が高まった」と続いた。

◎グラクソ・スミスクライン

 

そうか、ステーキ食べたいんだ。

そして、入れ歯で分厚いお肉を食べるために「噛みしめる」ために、コンフォートがお役に立てるじゃないか。ということで、本キャンペーンの開催に繋がりました。

え?入れ歯だけどステーキも食べられるの?食べていいの?そんな気付きが全国の入れ歯ご利用の皆様に届けばいいな。

そして、「入れ歯だと噛めない」という「思い込み」がなくなるキッカケになればいいな。

ということで、「入れ歯でステーキ」キャンペーン、ぜひ皆さんの周りの入れ歯ご利用の皆様にも、ご案内いただければ幸いです。

広告

「入れ歯でステーキ」キャンペーン始まります!” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中