元Ivoclar Vivadent社長熊澤氏の当社アドバイザー就任のお知らせ

昨年末の三井物産株式会社の当社への資本参画に続き、当社体制に関するお知らせです。

 

Ivoclar Vivadent社長の熊澤英明氏に、当社のアドバイザーにご就任いただくことになりましたのでお知らせいたします。

fullsizeoutput_2fde

熊澤英明
ケイ株式会社代表取締役。
現・株式会社松風入社、国際業務に配属され1991年から1999年まで米国現地法人子会社で海外市場マーケティングおよびVice President として経営に携わる。帰国後、サイブロンデンタルジャパン取締役ゼネラルマネージャー。Ivoclar Vivadent株式会社代表取締役社長として日本法人を立ち上げる。豊富な国内外ビジネス経験とネットワークをもとに、独立系の立場から歯科ビジネスを考える。

 

熊澤さんは、歯科分野において長年国際的にご活躍されていらっしゃいます。

その中でもIvoclar Vivadentの日本法人立上げからその代表として現在のIvoclar社の礎を築き上げてこられた手腕は、業界内外で非常に高い評価を受けていらっしゃいます。

そんな熊澤さんに、「日本の入れ歯ブランドを世界に!」という当社の理念に共感いただき、この度当社のアドバイザーにご就任いただく運びとなりました。

熊澤さんは、「義歯」と「エンド」の分野はもっと社会利益につながる変革ができる!とお考えで、その中で当社がやっている入れ歯事業に深い共感をいただけました。

今後当社は「日本の入れ歯ブランドを世界に」に向けて、熊澤さんの国際的なご活躍のご経験、知識、ネットワークのご支援をいただきながら、世界中で「入れ歯がアタリマエ」になる社会創造に向けて邁進してまいります。

 

また、熊澤さんは「歯」をかぶってくださるくらいとてもフランクな方です(笑)

スクリーンショット 2019-01-17 20.13.15

さらに心強いアドバイザーを得て、ますます精進してまいりますので、引き続き、入れ歯屋バイテック・グローバル・ジャパンをどうぞよろしくお願いします。

 

追伸:

今後何かで記念写真取る時、歯をかぶっていただく場合が(わりと)ありますので、皆様どうぞよろしくお願いします。

広告

就活。「会社」を「オトコ」に置き換える。

土曜日、別府に新卒採用イベントに参加してきました。

別府と言えばAPU(立命館アジア太平洋大学)。ここの学生さん、本当に素晴らしいのです。

留学生が多いから日本人学生の皆さんもディスカッションに慣れているし、自分を出すこと、主張することに慣れているんですよね。

昨年その採用イベントに参加して感動し、今年も参加してきました。

 

終わった後、もっと話をしたい、聞きたいという学生さん達と飲みに行きました。

そこで就活のことについて色々と相談をうけました。まぁ、まだ就活をはじめたばかりの時期ですし、就活に不安をもつ学生さんが普通に悩むたぐいの話だと思います。慣れていないから相談の内容も初歩的な話だとも思います。

そして、それらの相談をしてくれた学生(女性)に、

「それさ、全部『会社』を『オトコ』に置き換えてみな。全部解決するから。」というアドバイスをしたところ、とても納得してくれたので、備忘録もかねてブログに残しておきます。

 

Q1. どうしても入りたい会社があっても、書類で落とされてしまう・・

「会社」を「オトコ」に置き換える。

どうしても付き合いたい男子がいて、ラブレターを渡したけれど断られた。それで「ダメだったかー」で終わるならその程度だったってこと。

どうしてもどうしても付き合いたかったらそこで諦めないんじゃないの?

直接会いにいったり、共通の知り合いを通じて脈をあたるとか、彼が出没するエリアに自然体を装って出没したり・・

「あの人ストーカーです」って言われるまでは攻めてもいいんじゃないの?どうしても付き合いたかったら。

***

ここで話を「オトコ」から「会社」に戻ると

もう25年前になるけれど、私の同級生の女性が、就活を通じて某スポーツメーカーに「どうしても入りたい」と。

でもそのメーカーはインターハイ出ているとか、スポーツでかなり成績を上げている学生しか採用していないことで有名で、毎年10名程度しか採用しない会社。

その友人はあるスポーツのサークルのリーダーをやっていた程度で(中身は体育会だけれども)、とてもそんなトップアスリートに並ぶようなスポーツの成績はもっていない。

でも、彼女は「どーしても入りたい」から、その会社に通い、受付の人に人事部長を教えてもらい(今はセキュリティ上どうなのかわからないけれど)、直接人事部長に手書きの手紙を渡して思いの丈を伝えた。

普通そこまで就活でやらないよね。でも、彼女は「どうしても入りたい」からそこまでやった。

結果、2週間後くらいに電話がかかってきて、特別枠で採用され、入社したんだ。

「どうしても入りたい」ならそれくらいやっていいと思う。

 

Q2. 企業によってESの志望動機などどうやって書いたらいいか?

これも「会社」を「オトコ」に置き換える。

そもそも、いろんな男性に似たような手紙出して、「あなたが◯◯(部活)←(ここの部分を書き換える)をやっているところが好きです」なんていう手紙が相手に響くと思う?

そんなの「あー、この子オレに寄せてきてるなー」って思うに決まってるでしょ。

自分が誰も彼もオトせる魅力があるのであればそれでも問題ない。選びたい放題。

けれど、「私を見て欲しい」と思うのであれば、そんな定型化された手紙書いても意味ないんじゃないの?逆にそれでOKって言ってくれたオトコで本当にいいのかなぁ。

ちゃんと自分の言葉で自分の等身大を伝えて、そんな自分を好きになってくれたらいいんじゃないの?そうでないと入ってから無理がたたって長く続かないよ。

***

「オトコ」から「会社」に戻ると

採用をしている人事だって相当量のESに目を通しているのだから、そんな「寄せてきている」文章なんてすぐ見破られるから「頭数を大量採用したい」会社以外は意味ないよ。

 

Q3. 「もっといい会社があるんじゃないか」って思ってしまう・・

これも「会社」を「オトコ」に置き換える。

彼氏が欲しい!って思って、世界35億の男性と全部会ってから決める?そんなことないよね。

これは「縁」でしかなくて、自分で探す、何かの縁で出会った男性の中で、惹かれるところがあって付き合うわけだから、それと一緒。全部に会おうなんて無理。限られた出会いの中で自分が「いいな」と思う人の中から選ぶ、選ばれるのがせいぜい。

だから「いいな」と思ったら「決める」ことって大事。

***

ここで話を「オトコ」から「会社」に戻ると

会社も全部の会社と出会うなんて絶対に無理。自分で探す、どこかで出会う、そうした縁の中で自分がなにか惹かれる会社がいくつか出てきた、そうした会社の中から自分に会う会社はどこだろうって考えれば、それでいいんじゃないか。

 

よく居るのが、いくつも内定をもっていても「決められない」人。

それって、ここでまた「会社」を「オトコ」に変えるとわかりやすいけれど、

キープできたオトコを複数揃えて、その中からどれがベストかなぁって選ぼうとしているのと一緒。

ほんとに好きだったらそんなキープとかしないんじゃないの?感じた中で、その中でちゃんと相手をみて決めるんじゃない?

もっといい会社あるんじゃないかって、探し続けたり、決められなかったりって人は、いつまでも白馬の王子様を探し続けている人と一緒。

 

 

最初に入る会社はもちろん大事だとは思うけれど、これだけ人材流動化している今、ずっと一生一緒にいれる人を吟味するよりも、「今私はこの人が好き!」って人と一緒になるほうがいいと思う。

30年経ったら社会も世の中も変わってる。今の大手企業が30年後も残っている保証なんてどこにもない。

目くじら立てて「私が一生添い遂げられる人は世界のどこかにいるはず」ってやってるのイタくない?

って最後聞いたところ

 

「あー、今の私、めっちゃイタいー」

って納得してくれました(笑)

 

そして隣のネパールからの男性留学生が、「男子の場合は『会社』を『女性』に置き換えればいいですか?」と聞かれたので、ま、そうだね、おんなじだよねと答えたものの、本当にそうなのかは検証していません。。

 

きっと就活がもっと進むと悩む内容も変わってくるのかもしれないけれど、反応が面白かったので書き残しておきます。

 

 

2019年も入れ歯な1年に!

新年初投稿でございます。あけましておめでとうございます。

なにやら経済的には不穏なフラグが色々立っていて見通しがなんとなく暗そうだったり、中国韓国台湾含めた東アジアの地政学的にこれまた不安定だったりと、なんか世紀末感が漂う2019年の幕開けな気がしていますどうなんでしょう?

個人的には今年3月に45歳になるのですが、人生100年時代、まだ半分も行っていないのかと思うと、ますます頑張らないとなぁと思うわけです。

ありがたいことに、15年前に入れ歯屋をスタートしてから今まで、まったく飽きずに続けられている仕事と出会えたことは本当にラッキーです。そしてこの入れ歯事業においても、必要なタイミングで出会うべき人に出会えてきて今がある、それをいつも強く感ています。本当にありがたい限りです。

昨年末には三井物産様からの資本参画もあり、2019年はいよいよ新バイテックとして一歩を踏み出す年になります。

これまでの中小企業的視座から、大企業的、グローバルな視座へ。私自身の器を広げなければいけない挑戦する1年になります。

45にしてそんな挑戦をさせていただける環境に感謝するとともに、早く落ち着いた大人になりたいなぁとも思います。(大人の定義は人それぞれとして・・)

そんな2019年、今年も「入れ歯」一色で行きますので、(たまにランニング、酒、アメフト)引き続きどうぞよろしくおねがいします。

******

さて、2019年の入れ歯屋稼業ですが色々な新たな取組は予定されているものの、ひとつ当社が目指す「コンセプト」の共有を。

当社の2大事業「コンフォート」と「ハイライフ」。それぞれ違うアプローチ、ルートで「入れ歯をアタリマエに」という山頂を目指しています。

下記、全社員向けの新年メッセージの抜粋ですが、2つの事業で実現したいことはまさにこれ。入れ歯を「モノで魅了する」「ヒトで魅了する」ということ。

今年はこのフレーズを多用して、入れ歯事業を染め上げたいと思います。

(以下社員向け新年メッセージ抜粋)
——————————————
コンフォートはモノ(Product)で魅了する
ハイライフはヒト(Technique)で魅了する
——————————————
コンフォートは、やわらかい入れ歯「コンフォート」という商品力でお客様を魅了する。
ハイライフは、入れ歯を得意とするドクター、DT、DH、入れ歯の知識を有するスタッフという「人が持つ知識経験をベースとする技量」でお客様を魅了する。

こう整理すると、それぞれの事業を、どのように社会に伝え、中で働く皆が自分たちが何を磨けばいいのかわかりやすくなるんじゃないかと。

こう言ったら「ずっと昔から鷲巣さんそう言ってますよ」って言われたのですが、
改めて言葉にして自分自身より明確になったところもあります。

今年はこのフレーズが私からも頻繁に出るだろうと予感していますので(笑)
こういう意味ですよということも含めて共有します。

「モノ」「ヒト」でお客様を魅了する、そんな入れ歯屋を目指します。

ということで、そんな入れ歯屋と一緒に働きたい仲間も新年早々募集していますので、興味ありましたらぜひお声がけください!

 

2019年、今年もよろしくおねがいします!