海外でiPhoneを盗まれた時の対処法(ホーチミンでの場合)

先日ホーチミン(ベトナム)に出張中、iPhoneを盗まれました。きっと海外で同様のことを経験する人もいるだろうから、ブログにまとめて皆さんに経験の共有をしようかと。

最初有料noteにでも書いておいたら、盗まれて困った人は1000円払ってでも読みに来るのかなとも思いましたが、そんな足元を見るようなことはしないの。経験を無料でシェアするの。

まずそもそもの話、海外で歩きスマホやめましょう。

Facebookでこのことを投稿したら、どうやら日本だけのようですね。歩きスマホしていて安全なのは。アメリカでも欧州でもどこでも、歩きスマホしていたら盗まれるか殺されるか・・ほんと日本人のいつもの癖で歩きスマホは海外ではやらないようにしましょう。

 

私の場合、朝7:30頃に目当てのフォーレストランに行ったら閉まっていたので、スマホ地図で他のお店を探しながら歩いていました。

写真の歩道の右側を歩いていたら、対面から来たバイクの男にガシッとスマホを握られ奪われ、そのまま走り去られました・・

fYh9+jxTT3GagZV6ubusDw

ホーチミンはバイクが多いですから、対面からバイクが来ることも普通のことなので、まったくもって油断していましたね。

振り向いてもバイクは遠ざかるばかり。スマホがないと仕事もなにもできないので、まずは途方にくれるところから始まります・・さてどうしようか・・・

 

盗まれた後の対処の順番

今回の盗まれた経験から、後に続くみなさんにお伝えしておきたいことを先に書きます。

この順番で対処すれば大丈夫!

① あきらめる

②  紛失モードに設定する

③ 新しいスマホを買う

④ 警察に届けてポリスレポートをもらう

⑤ 帰国後に保険会社に連絡をして少しでも回収

 


①あきらめる

盗まれたらパニックになりますよね。取り返したいですよね。でも、相手は盗もうと思って盗んだんだから、ただで返してくれるはずないし、逃げられたらそれを追っかけても追いつかないでしょう。だって相手は逃げているんだから。

だからすっぱりあきらめる。これ大事。

海外在住経験が長い人は、別の端末から盗まれた自分の端末に「買い戻すからもどってこい」とかSMSを送って交渉するとかあるようですが、ほとんどの人には無理でしょう。それにもしほんとに戻ってきたとしても、盗むようなヤツですからねぇ。正義感振り回して怪我したり殺されたりしたら洒落になりませんからね。

それに、ホーチミンは盗難などの軽犯罪はまだあるものの、殺人などの重犯罪は少ない地域だからまだいいですが、国によっては携帯盗難殺人とかあるみたいですよ。(グアテマラ在住の友人からの情報)

なので、盗まれたらすっぱり諦めて、帰国後に少しでも損害を少なくする対処を粛々をやりましょう。

 


② 紛失モードに設定する

今のiPhoneはセキュリティがしっかりしていて、face IDやアクティベーションロックとか含め、パスワードを解除したくらいでは使えません。だから相手もどうにかしてそれを解除しようとするわけですが、合わせて中のデータや個人情報が流出するのを防がねばなりません。

警察に届けるよりなにより、まずは盗まれた端末の中の情報が悪用されないような対処をしましょう。

iPhoneには便利な機能「紛失モード」というのがあります。それを使ってまずは盗まれたiPhoneの情報を保護することと、使えなくします。

出張者だったらPCもってますかね。ネット環境でicloudにアクセス。

スクリーンショット 2019-02-27 12.37.01

自分のApple IDでログインします。

スクリーンショット 2019-02-27 12.42.50

「iPhoneを探す」を開きます。

スクリーンショット 2019-02-27 12.37.58

盗まれたデバイスを選びます。

スクリーンショット 2019-02-27 12.38.11

するとここで出てきます「紛失モード」。

スクリーンショット 2019-02-27 12.38.25

この紛失モードを押すと、ロックしたり、「次回ネットにつながった時点で中のデータを消去する」などが選べます。

このあたりはApple公式Websiteのこちらにも情報があるので参考にしてください。

ここで「iPhoneを消去」としてしまうと、アクティベーションロックが外れて、盗人が自由に使えるようになってしまいますので、そっちではないです。あくまで「紛失モード」からリモートで盗まれた端末内のデータを消去する設定をすることが大事です。

ただの「紛失」だったらロックして戻ってくるのを待つのも手かもしれません。

でも、「紛失」ではなく「盗難」だったら、戻ってくる可能性は無いでしょうから「リモートでのデータ消去の設定」をするほうが賢明かと思います。(きっぱり諦めましょう)

 

なお、PCをもっていない方は、誰かのiPhone/iPadを借りて、「iPhoneを探す」を自分のApple IDで入って同様のことをすれば大丈夫です。

 

****

なお、帰国後にこんなメッセージがSMSを通じて来ました。

fullsizeoutput_3061

おそらくこれ盗まれた端末のアクティベーションロック解除のためのフィッシングだと思います。だって日本語変ですよね。。。

しかし私、これ受け取った時に、「あ、盗まれたのがネットにアクセスして場所が特定されたんだ」とまんまとリンクを踏み、icloud(風の・・おそらくそれもフィッシングサイト)にID、パスワード入れてしまいました。

その直後から「iPhoneを探す」に盗難端末が出てこなくなりました・・(泪)

この点、皆さんお気をつけて!!URLを確認すればフィッシングかどうか確認できると思います。相手もなんとかしてアクティベーションロックを外そうとしますので、十分慎重に!


③ 新しいスマホを買う

②で紛失モードを設定したら落ち着いて前を向いて次に進みましょう。もう前の端末は戻ってきません。新しいのを手に入れるしかないのです。はい。

どうせ帰国してから買うのだったら、海外にいてもスマホがあったほうが便利なのだからすぐ買ったほうがいい。私の場合はスマホがないと仕事もなにもできないし、仕事先にも行けないので、速攻買いに行きました。

+XJV1e%ATq+tLU3x7oZShw

後述しますが、クレジットカード等についている旅行傷害保険で、最大10万円までは補償されます(カード種類によるかもしれないので事前にご確認を)。盗まれた端末の時価をイメージしながら、それ保険金も念頭に置きながら端末選びをすればいいと思います。

ちなみに私の場合、入っているアプリ等もそのまま使いたかったので、iPhoneを買い替えました。直近のバックアップから復元すれば、入っているアプリやその並び、設定までもそのまま引き継げるので、ほぼ不自由なく使い始めることができます。

 

ホーチミンで買い替えたiPhoneが日本国内版と違う点が2つ。

・そのままSIMフリー端末。

・シャッター音がない。

シャッター音無いiPhone X端末ほしい方いらしたら、新品のXS MAXと交換さしあげてもよろしくってよ。(盗まれたのがXS MAXだったので、その点は未練あり・・)

ちなみに購入からバックアップからの復元してほぼ元通りにするのに1時間半くらいかかったかな。復元などはスマホショップのWi-Fiを借りて、テーブル借りてセットアップしていました。

 


④警察に届けてポリスレポートをもらう

後から保険会社から保険金を受け取ったりするのに、このポリスレポートは必須です。警察に行って盗難届けを出しましょう。

本当は盗まれた直後に行って、現場検証して・・とかあったほうがいいのでしょうが、私の場合は盗まれた日は早朝で、その日は終日仕事だったので翌日の日曜日に警察に行きました。

no5L4yb9TZaMVRz91mA%7g

とは言え、ベトナム語話せません。

これはホテルにもよると思うのですが、私は泊まっていたホテルのコンシェルジュに「昨日の朝スマホを盗まれたので、警察に届けたい」と相談したところ、コンシェルジュの方が一緒に行ってくださいました。

そんな素敵なホテルは、Liberty Central Saigon City Point

警察の方は英語はできないので、英語ができるホテルの方が一緒にいってくださったのは本当に助かりました。

どんな状況で盗まれたか、犯人の特徴(覚えているだけでも)などを調書に書いて提出。少し待ちましたがこちらも1時間半くらいでポリスレポートをもらうことができました。

これがあれば、帰国後保険会社に証拠として出せるのでOK。

現地でやれることはこれくらいでしょうか。

 


⑤帰国後に保険会社に連絡をして少しでも回収

クレジットカードなどに旅行傷害保険がついていると思います。それを使って買い直したスマホ代金を少しでも回収できるように動きましょう。

私は会社でアメックスのプラチナを利用しているので、プラチナデスクにまずは電話。

規定では下記のように書かれています。

スクリーンショット 2019-02-27 13.12.52

この「携行品損害保険金:1旅行中最高100万」というのを見て、盗まれた端末の購入価格が約17万円だったので、ほぼほぼ回収できる!・・・と思ったらそうではないので皆さんもご注意を。

実は「総額が最高100万円」であって、1件については最大10万円までの補償となっているのです。約款をみると下記のように書かれています。なるほど、「1個または1対について10万円を限度」。

スクリーンショット 2019-02-27 13.18.05

そのため、盗まれた端末の時価が10万円以上あれば10万戻ってきますが、古い端末などだと時価計算は保険会社でデータをもっているでしょうから、満額戻ってこない場合も十分考えられます。ま、それでも少しでも回収できればそれしかないのですが・・

保険会社への提出書類としては

・購入証明書(明細でも契約書でも。なければ購入したお店で発行してもらえます。)

・ポリスレポート

・その他必要書類(郵送で送られてきます)

 

いくらくらい戻ってきたかなどはまた追記します。

 

 

なお、盗まれた端末はソフトバンクの「あんしん保証パック with Apple Care」に入っていました。

Apple Care加入端末が盗難にあった場合、11,800円の負担で同機種が受け取れるというサービスがあります。

スクリーンショット 2019-02-27 13.28.31

お!っと思ったのですが、実はこれ、日本国内限定なのです。海外での盗難には対応していないのでご注意ください。「紛失・盗難での配送交換ご利用のご注意事項」にかかれていますので、ぬか喜び禁止です。海外での盗難は対象外です。

スクリーンショット 2019-02-27 13.32.02

 


以上、海外でiPhoneを盗まれた時の対処法とその順番をまとめました。

実際の私はこの順番どおりではなく、後から友人などからFacebookなどでアドバイスをいただき知ったことも多いのですが、それらも踏まえてまとめたのがこの投稿だと思っていただければ。

あくまで私個人の経験だけですので、同様の経験をされた方で「もっとこうしたらいいよ」とかあるかもしれません。これがすべてではないですよということだけ最後に付け加えておきます。

 

とにかく、海外では歩きスマホ厳禁!!

 

広告