入れ歯教育事業(デンチャーアカデミー)始めます。

今年9月、歯科医師向け義歯教育の場として、ハイライフ・デンチャー・アカデミー(HDA)を開校いたします。

HDAの技術統括責任者として、大阪大学歯学部歯学系研究科助教の松田謙一先生にご就任いただき、第1号カリキュラムとして、松田先生が講師をつとめる「Reaf Denture Course〜全部床義歯ベーシックコース〜」を東京と大阪にてスタートいたします。

 

1. HILIFE DENTURE ACADEMY 開校の背景

超高齢者会日本及び高齢化する世界において、歯を失った後に必要となる義歯を中心とした「欠損補綴」の需要は今後さらに加速的に高まると予想されています。

しかしながら、現在国内における歯科系大学の教育課程が、国家資格取得に向けた指導を強化する方向に向かっているにともない、大学の教育現場における補綴学を学ぶ機会が減少してきております。

その結果として、義歯の知識やテクニックを十分に学んでいない歯科医師が卒業後に臨床の現場に出てきてしまうという状況が起こっております。

学生時代に学びが少ない分、臨床現場に出て義歯の患者と対面してもどうしても自信がない、かといって先輩も義歯を学んできておらず教えられない・・

結果として噛めない義歯が蔓延して入れ歯安定剤が売れる、義歯を入れないで噛めないで困っている患者さんが増える・・なんてことが起こっています。

そのような超高齢社会の現実と歯学教育の方向性の食い違いについて長年大きな課題感をもっておりました。

なぜならば、そうした食い違いの「わりを食う」のは歯を失った患者さんです。しかもその患者さんの数は世界的に見ても益々増えていきます。

「入れ歯をアタリマエに」を掲げる当社としては、

「噛める入れ歯を提供する(コンフォート)」

「入れ歯が上手な歯科医師のところに患者さんが集まる仕組みを作る(ハイライフ)」だけでなく、

「入れ歯が上手なドクターを増やす」ことも重要な使命だと考えております。

 そうした思いから、卒業後に義歯の基礎から実技までを改めて徹底的に学べる場として、この度ハイライフデンチャーアカデミー(HDA)を開校するに至りました。

 

2. ReAF Denture Courseを2019年9月にスタート!

Reaf Denture Courseとは、松田先生が講師を務める義歯講座の総称です。

ここでは、様々な流派がある義歯治療において、その表層的なテクニックではなく、理論体系も含めた根本を学びます。

 

〜ReAF Denture Course冒頭文より〜

多くの歯科医師がすでに認識しているように、現在全部床義歯の臨床手法には実に様々な方法が存在しています。
確かに様々なテクニックやシステムは一見どれも上手く行くように見え、優れた義歯を提供できる場合もある一方で、多くの歯科医師が受講しても高いレベルに達せずに義歯臨床に苦慮している場合も決して少なくありません。
なぜそうなるのかを考えてみると、これまでの短期間の義歯教育セミナーでは枝葉(システムやテクニック、手法、手技)ばかりを学んで、幹(セオリー・原理・機序)あるいは根(生理学、解剖学、組織学、物理、力学など基礎系学問)を学んでいないためではないでしょうか。
本アカデミーでは、その根幹と基本的術式をマスターするだけにとどまらず、様々なシステムやテクニックが派生する元になった分岐点を紐解きつつ、各方法に潜在するメリットや注意点についても解説していきます。
そうすることで、症例に応じた最適な手法を選択することが可能となり、高品質な義歯を患者へ提供できる基礎体力を養います。

 

今年9月にスタートする全部床義歯ベーシックコースは

全8回16日(土日)、定員10名(東京・大阪それぞれ)の少人数集中講義です。

くわしくはこちらのリンクをご参照ください。

本日より正式なお申し込み受付を開始いたしました。早めに定員が埋まることも考えられますので、早めのご検討とお申込みをお勧めいたします。

「分割払いをしたい」

「一部の日程がすでに予定が埋まっているので東京↔大阪を振り替えたい」

など、ご要望ご相談にも柔軟に対応いたしますので、なんなりとお問い合わせください。

 

ReAF Denture Courseでは、初年度(2019年)は「全部床義歯ベーシックコース」のみの開催となりますが、2020年以降に、「全部床義歯クリニカルトレーニングコース(臨床実技)」「部分床義歯クラス」「歯科技工士向けクラス」なども準備を進めていますので、準備ができ次第ご案内いたします。

 

3. HILIFE DENTURE ACADEMY(HDA)では良質な講義・カリキュラムを拡げていきます。

HILIFE DENTURE ACADEMY(HDA)では、ReAF Denture Courseの他にも「義歯を学ぶ」良質な講義やカリキュラムをご用意しご案内していきます。

その講義の「質」の担保として、松田先生にはHDAの技術統括責任者にご就任いただき、講義やカリキュラムの内容の精査等にもご協力をいただきます。そうして「質」を維持すると同時に、国内にとどまらず、海外のドクターにも義歯を学ぶ機会を提供し、世界中の入れ歯利用者が「噛める」生活を送っていただく社会インフラの構築に寄与したいと考えております。

また、歯科医師向けに限定せず、歯科技工士向け、歯科衛生士向けなど、義歯を取り巻く良質な講義、コンテンツ、広く募集いたします。ぜひ持ち込みも大歓迎ですので、情報をお寄せください!!

 

 

広告