ベトナムの現場感

今回のベトナム出張も今日が最終日。今晩の深夜便で東京に帰ります。

だいたい2〜3ヶ月毎に来ていますが、まだまだ立ち上がりなので、たった数ヶ月でも現場は大きく変化をしています。

こっちにいても東京とも電話会議等もできるので、あまり距離感もなく、それでいてベトナムのメンバーとも交流がもてるので、こうした出張の機会って本当に大事。なにより現場の空気感を肌で知ることで気付けることもたくさんありますからね。

今回大きな気付きは、大企業病に陥らないための現場への権限移譲の重要性。

こっち(ホーチミン)と東京を繋いで電話会議をやるわけですが、どうしたって現場で起こっていることの現場感というのは会議じゃ伝わらないし伝えにくい。

肌感覚を含めて多くの有形無形の情報から悩み、取捨選択をし、決断をする・・それはやはり現場にいないと「わからない」ことであり、普段私が東京に居て、最終決済者だからといっても、その全てを説明させることは無理な話だし、すべてを理解して判断することは難しい。

特に現場の空気感や肌感覚なんてのはまさにそう。伝えようがない「感覚」。

それを納得させないと先に進めないなんてのは、現場にとっては大きなストレスになっているんだろうなと。

判断をする人はできるだけ多くの情報を知った上で判断決断をするのはそりゃそうなのだけれど、まさに百聞は一見に如かずであり、スピード感もって物事を進めるには、方向性は確認した上で、ある程度の現場への権限移譲を進めていく必要があるなぁと思いました。

権限移譲だけでなく、現場を「知る」こと。「感じる」こと。

ベトナムと日本の相互の人材交流は来年はかなり大きなテーマとして取り組みたいと思います。

少なくともキーとなる人は日本からベトナムへ、ベトナムから日本へ行った方がいい。いや、いかなきゃダメだ。そうして実際にそこの場で皆がどう働いているのか、動いているのか、考えているのかを「肌」で知ってはじめて建設的な意見交換ができるように思う。

私は出張で行き来しているからまだいいけれど、それ以外の社員達にも必要なこと、そう強く思いました。

これは別に海外の話に止まらず、国内においても同様ですね。色々思うところがありました。そこは今後気をつけていきたいと思いました。

 

今回はベトナム社員のみんなと飲みにいきました。

会社のこと、未来のこと、入れ歯のことなど色々話ができたし、みんながどう思っているのかなんて話もたくさん聞けて本当に楽しかった。

次回からも出張の度に1日はみんなと食事にいく機会は作りたいと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中