50代60代の歯の悩みに向きあおうという話

この度、50・60代からの『歯の教科書』というサイトをオープンしました。このサイトの運営母体は一般社団法人ハイライフグループです。

ハイライフグループは入れ歯に特化しています。でも、最終的に入れ歯がなくなってもいい、無くなったほうがいいとすら思っています。皆が歯を失わずに生涯過ごせるほうが幸せですからね。でもそうもいかないのが現実だからこと我々ハイライフグループの存在意義があるわけで。

そして、入れ歯利用者はたまにこのブログでも引用しますが、部分入れ歯で40代から、総入れ歯で60代から増え始めます。

スクリーンショット 2016-06-17 8.05.35

歯のことで悩みだすのがだいたい40代くらいから。

ある日突然入れ歯になるわけではなく、歯に違和感が生まれ、他の治療を進めている中で歯が抜けて入れ歯になったり、それまでの口腔ケアをおろそかにしていたのが表面化してきて気になりだすのがそれくらいの年代でしょうか。

そして、それがより我が事としてよりリアルになってくるのが50代から60代。

将来入れ歯になるのかしらとか、インプラントと入れ歯ってどっちがどうなのかしら、今ある歯をきちんと残すにはどうしたらいいのかしら・・・その悩みが表面的なことからより深くなってくる年代でしょう。

ハイライフグループでは、入れ歯が上手な先生が沢山いらっしゃいます。

そのハイライフの先生方に監修にもご協力をいただきながら、50代60代向けに幅広く歯の情報をご提供していこうというのがこの「歯の教科書」です。

当社の事業領域はあくまで「入れ歯」です。でも、こうした幅広い情報提供によって最終的に入れ歯になっても困らない環境をつくっていくことも大事だと思うのです。

 

 

とかいってこれコンテンツマーケティングのアレでしょとか思った人、静粛に。

 

広告

こんな入れ歯のカタログ見たことないという話

首都圏19医院で展開中の入れ歯専門ハイライフグループの新しいパンフレットが出来ました。

パンフレットというか、これはもう「入れ歯のカタログ」です。

 

入れ歯をメガネと同じようにアタリマエにすること。入れ歯のブランドを作ること。

それが当社が目指している「入れ歯屋」としての姿。

それを実現するために「高品質な入れ歯を提供する(品質)」ことと「入れ歯は恥ずかしくないという空気を作る(ブランド)」という2つの軸を追いかけています。

このハイライフグループの入れ歯カタログは、その両方を見事に表現できた、とてもナイスな仕上がりになっています。

 

入れ歯=歯科医院で作られる「噛めないもの」「痛いもの」「年寄りが使うもの」「臭い」「グロテスク」・・ネガティブな印象をお持ちの方は沢山いらっしゃいます。

でも、目が悪くなったらメガネをするのと同じように、歯が抜けたら入れ歯にする。それくらいアタリマエのものを、もっと身近に感じていただけるよう、こうした素敵なハイライフグループの入れ歯カタログをご用意いたしました。

 

ぜひ身近な入れ歯の方にお配りいただけると嬉しいです。

このハイライフグループのパンフレット、ご入用な方にお送りいたします。

資料請求で、ハイライフグループのコールセンター 0120-108-227にお電話いただくか、

私までメールでご連絡ください! washizu(アットマーク)bitecglobal.com

コールセンターだと1部送付する感じだと思いますが、私宛にメールいただけたら、20部くらい「送りつける笑」ので、周りの入れ歯利用者もしくはご高齢のお身内の方にお配りくださいませ。

 

 

入れ歯サンプルがかなりカッコいいという話

タイトルからして相当ニッチです。

入れ歯サンプルに萌える人など、きっと入れ歯好きが集まるバー、IRE-BARに出入りしている人たちしかいないのではないでしょうか?

この入れ歯サンプル、入れ歯専門ハイライフグループの医院にて今後提供されていくものなのですが、その完成品が出来上がったと、昨日写真が送られてきました。

カッコいい!

箱からしておしゃれ。宝石箱か!?そして開けたら入れ歯が!!

こうしたデザインに萌える先生、ぜひハイライフグループの加盟医院になりませんか?

お問い合わせは washizu(アットマーク)bitecglobal.com まで。

 

プロの先生方は写真のサンプルをみて「人工歯排列がどーだこーだ」とか「そもそも義歯の設計自体があーだこーだ」とおっしゃられるのではと思いますが、ごめんなさい、本質はそこではないので。

いかに入れ歯ご利用の皆様に、わかりやすさと安心感と品質感(いいなと思ってもらえる品質感)をお伝えするかということ。

本来、一番入れ歯で困っていてどうにかしたいと思っているのは歯科医師でも歯科技工士でもなく入れ歯利用者の皆様。歯科医師や歯科技工士の知識も技術も、彼らを噛めるようにするための手段でしかない。

その手段をわかりやすく伝えて「その技術で私の入れ歯を作って欲しい」と思っていただく活動もとても大事なことだと思うのです。

ハイライフグループの先生方は、本当に皆様入れ歯が上手で安心してお任せできる先生方ばかり。

それを伝えることこそ社会の役に立つし、入れ歯利用者の皆さんのお役に立てること。

こうした入れ歯サンプルも、入れ歯丸出しではいって渡されるより断然わかりやすいですよね。でも、まずこうした入れ歯サンプルをきっちり用意している歯科医院はほとんどないでしょう。まったくないとは言いませんよ。もちろん。大手歯科技工所でも素敵なやつ販売していらっしゃいますし。

ハイライフグループでは、その箱からデザインからきっちり拘って作りこみ、「入れ歯をアタリマエに」するためのハイライフクオリティのサンプルで、入れ歯利用者の皆様をお待ちしております。

 

入れ歯専門ハイライフグループは首都圏で現在19医院。このサンプルはこれから順次各医院に置かれていくことでしょう。ぜひ最寄りのハイライフグループ医院でお待ちしてます!

(最寄り駅)

東京:

日本橋(東京メトロ)、経堂(小田急線)、若葉台(京王線)

 

神奈川:

十日市場(JR)、吉野町(市営地下鉄)、立場(市営地下鉄)、小田原(JR)

 

千葉:

八柱(新京成)、天王台(JR)、八千代中央(東葉高速)、新検見川(JR)、勝浦(JR)

 

埼玉:

浦和(JR)、西大宮(JR)、越谷(東武伊勢崎線)、久喜(JR)

 

茨城:

つくば(つくばエクスプレス)

 

栃木:

佐野市(東武佐野線)

 

日本橋で入れ歯を提供しつづけて本日9周年!

今日6月7日は、当社が運営する、入れ歯専門歯科医院、デンタルオフィス日本橋の設立日。今日で丸9年が経ちました。皆様のご愛顧とご支援、本当に本当にありがとうございます。

デンタルオフィス日本橋は入れ歯専門歯科ハイライフグループの本院として、今では自費の入れ歯専門のグループの中心拠点として、日々最高の治療診療と技工が行われています。

現在の高島屋の一本南側に移転したのは2年前。移転時のブログに9年前のオープン当時の思いや苦労なんてのも書かれていますのでここでは割愛しますが、9年間で本当にすばらしい進化を見せてくれています。ブログを見ると移転した2年前と今日を比較しても、圧倒的に成長をしています。

ひとえに院長の荒川、マネジャーの野田を中心としたみんなの頑張りのおかげ。

日々入れ歯利用者の皆さんと対峙し、まさに「現場」で日々格闘し、1人1人ちゃんと噛める入れ歯を提供しつづけているみんなの頑張りが、その積み重ねが今の9年を創っているし、これからの未来を創ります。

一気に10000人を噛めるようにはできなくても、毎日の積み重ねで10000人に近づきます。

2年前と今と比べれば、ハイライフグループは18医院に拡がり、日本橋だけではなく同じ志をもった先生方と一緒に日本の入れ歯市場を変え始めています。

すべてのことは誰かが始めなければなにも変わらない。そして9年前に日本橋で始めました。

高品質な入れ歯を提供し「入れ歯をアタリマエにする」という価値観も、日々の診療の積み重ねで徐々に実現されていきます。この9年の歩みと現状を見て、それは確信しています。

まだまだですけどね。でも9年前よりは確実に拡がっている。

だから次の10年で世界に拡げると決めているのです。

 

技工もデンタルオフィス日本橋の院内技工から、ハイライフグループ医院の技工も請け負える体制になりました。これも大きな成長であり変化。

ハイライフグループの本院として、9年間で培ったノウハウグループ18医院に伝え、今度さらに拡大して伝えていく。

そのすべてのはじまりだったデンタルオフィス日本橋、来年はいよいよ10周年!!盛大になにかやりたいですね。

まずは日本橋のみんな、おめでとう!!

そして一番最初からずっと日本橋を守ってくれている野田、9年お疲れ様&引き続きよろしくね!

 

 

 

勝浦近隣の入れ歯の皆さん、おまたせいたしました!という話

本日、入れ歯専門ハイライフグループに勝浦の医院が新たに仲間入りいたしました!

ハイライフ外来勝浦本日オープンです。

これまで勝浦周辺の方でしたら、船橋近辺まで出てこなければハイライフグループの医院がありませんでしたが、今回のハイライフ勝浦のスタートで、より通いやすくなりました。

ハイライフ外来に関するお問い合わせはフリーダイヤル 0120-108-277 でお待ちしております。

入れ歯が上手、入れ歯を得意とする先生のグループですから、入れ歯でお困りの方、入れ歯で噛めない、食べられないのは仕方ないと諦めている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度お問い合わせください。最初は無料でのご相談ですので、ご安心を。

 

そもそもハイライフの何がいいか?

まずはなんと言ってもハイライフの先生方は入れ歯が得意、入れ歯が上手な先生に限定されています。

そして、スタッフの方も含め「我々本部が身内を紹介したい」と思える医院であることが大きな条件にもなっています。

時間を確保した丁寧な相談、診察から、安心の保証サービスまで、とにかく沢山お話を伺って、おひとりおひとりに合う入れ歯をご提供いたします。

保険は使えませんが、充分それ以上の価値(噛めること、食べられること)をご提供できるハイライフグループの入れ歯、一度ぜひお試しください。

 

 

勝浦というと、ちーばくんのお尻のあたり。

かつうら

 

そして、「勝浦」で検索してみると・・・

スクリーンショット 2016-06-06 12.37.06

気になったのが右に表示される水上を飛んでいる人。なんだと思ってクリックしてみると

スクリーンショット 2016-06-06 12.37.19

フライボード!? 有名なんでしょうか。勝浦湾で。まったく知りませんでした。でもこれすごく面白そう。機会あればぜひ挑戦してみたいリストに加わりました。

そして勝浦と言ったらなんと言っても勝浦タンタン麺。

今年1月に訪問した際に寄りました。辛いの好きなので大好物です。

 

今回新たに加わった、ハイライフ外来勝浦の高梨先生は、元アメフト選手。

大学時代はランニングバックとして活躍されました。とは言え、ご出身大学のアメフト部の人数が少なかったため、ディフェンスではLBの両面でやられていたそうです。最近はSUPにはまっていらっしゃるとのこと。海が近いっていいですね。

勝浦の歯科事情では面白い話を伺いました。

カツオは高知や九州で水揚げするよりも勝浦で水揚げしたほうが高値で売れるらしいのです。

だから、九州や四国の船がわざわざ勝浦で水揚げするために勝浦港につけるんだそうです。

そこで1週間くらい滞在するらしいのですが、船員の方々がその間に歯科治療に高梨先生のところにも来るとのこと。

船員には東南アジアご出身の方も多くいらっしゃるそうですが、彼らは保険証がありません。そのため、その滞在中に悪くなった歯を抜いてくれと来るそうです。

その土地その土地の歯科事情があって驚くこと多いですね。またひとつ勉強になりました。

 

ということで、勝浦近辺の入れ歯の皆様、お待たせいたしました。

ハイライフ外来勝浦本日オープン!まずは今の入れ歯の状態が大丈夫なのかどうなのか、入れ歯の処置の方法について「プロ」のご意見を伺いたい方、ぜひ一度お問い合わせください。

 

 

入れ歯にも品質証明書をつけますよという話

当社が運営している入れ歯専門歯科ハイライフグループ、おかげ様で首都圏18医院のネットワークにまで拡がり、現在準備中のところもありますので、鋭意拡大中でございます。

ハイライフグループの各医院は、どこに行っても「入れ歯が上手」。これがまず前提条件ですね。

その上で、先生のお人柄とか、スタッフの皆さんのご対応、院内環境など、我々本部が「身内を連れて行きたい医院」であることが契約をするにあたってとても大きな条件であるため、どこの医院も自信をもってお勧めできます。これ商売抜きで本当に。

 

そしてそのハイライフグループで、新たな安心として、すべての入れ歯に関して「品質証明書」の発行が始まりました。

13237597_1059801120761931_6054221395881307111_n

この「品質証明書」では、その入れ歯がどのような材料で作られているか、どこの歯科技工所の誰が作ったものなのかを明示し、その品質をハイライフグループとして証明するものです。

 

本当はこれって世の中的には当たり前の話。でも入れ歯では当たり前ではない話。

世の中の色々な商品や製品には、どんな材質でできているか、ものによっては原産地や生産者が特定できる情報が記載されています。得にその情報を購入者がいつも意識しているわけではないし、その情報があったからなにかアクションを起こすとか、そういうことはほとんどないでしょう。

でも、提供する側の責任や、お客様への安心の提供として、そうした製品の材質や品質に関する情報を開示することはとても大切なスタンスだと思います。

でも、入れ歯に限らず歯科のものってそういうの一切ないんですよね。

 

メーカー名や材料名を聞いたところで一般の方は知らないから意味が無いなんて声も聞こえてきそうですが違います。

たとえお客様がメーカーや材料のこと、歯科技工所や歯科技工士のことを知らなくても、自分の口の中に入っている入れ歯がどういう材料で、誰が作ったかの情報を「もっている」ことは安心に繋がります。

さらに、提供する入れ歯すべてのそうした情報を管理することで、もし万が一なにかの材料に不具合があった時に、その材料を使って作られた入れ歯をご利用の方すべてにその情報を提供することができます。

そんな意味も込めて、より安心な入れ歯を提供すべく、ハイライフグループではどんどん新しい取り組みを行ってまいります。

 

高品質で安心な入れ歯をお求めの方はお近くのハイライフグループ各医院まで!!

本当にどこの医院もどこの先生も安心できますよ。

 

 

 

久しぶりに経堂に行ってきたという話

当社が運営している入れ歯専門歯科ハイライフグループの本院は日本橋と経堂の2箇所あります。

日本橋にはハイライフ事業のセンター機能もあるため、また、ハイライフ加盟医院の先生方が契約前に見学にいたしたりすることお多いため行く機会はあります。

しかし経堂はいろいろワケあってだいぶ長い間行っていませんでした。自分たちでやっている医院なのに・・・

 

そのワケとは・・

 

「私が行くと売上が下がる」

 

というジンクスが生まれてしまったのです涙

もちろん因果関係なんてないでしょうけれど、現場としては必死です。何回も同じようなことがあったので、しまいには「経堂に来ないでください」と言われる始末。

で、ある時打ち合わせをしようと、でも経堂には来るなという、じゃあ、経堂駅前のエクセルシオールカフェで打ち合わせでということで、目の前にまで来ているのに、経堂まで来ているのに、医院には寄ることもせず、駅の改札を出たところで打ち合わせ。それで現場が安心するならと。

しかし・・・

その日を堺にまた電話がパタっと鳴らなくなったのでした・・

 

その結果、さすがに私もこれは本当にそうなんじゃないかと思うようになり、経堂にいっちゃいけないんじゃないかと。。だから、経堂のメンバーと食事する時は下北沢集合です笑

ま、あとは、私が時間がなかなか取れなくなったこともあり、経堂のメンバーには申し訳なかったですが、なかなか行くことができていませんでした。

 

で、昨日、スコーンと日中の時間が空いたので、これはチャンスと思い「経堂行ってくる」と。

すると社内でも

「経堂行くのですか?大丈夫ですか?」

「木村(経堂のマネジャー)には言ってありますか?」

と、不安視する声。

いやいや、さすがにもう大丈夫だろうと。それにこうして時間が出来た時でしか行けないし、行くということで昼前に行ってきました。

IMG_4581

 

経堂はマネジャーもドクターも経堂スタートからずっと頑張ってくれているメンバー。同じ環境でずっと良質な入れ歯を提供しつづけてくれて早7年以上が経過しています。

決してずっと順風満帆というわけではないですが、それでも継続しつづけていられるのはこの2人を中心とした経堂メンバーみんなのお陰です。

 

私が来たのを見ると木村の顔が一瞬曇ります(のように見えました笑)。

「来ちゃった。大丈夫だよね」みたいにとぼけてみると、「大丈夫です。塩盛ってますから」と。入口のところに盛り塩が。

IMG_4582

この盛り塩、患者さんからも好評なんですよと。「好評な盛り塩」って初めて聞いた。

鷲巣さん帰られたら塩撒きますから大丈夫です。と、安心していいのか、失礼なのか、まぁ、この際どっちでもいいです。

 

ドクターの診療も手があき、しばし3人で現状や今後について話をして、久しぶりの経堂訪問はとても有意義でした。

 

経堂では、入れ歯利用者向けのフェイシャルトリートメンをやっています。

これは、入れ歯という「異物」を口腔内にいつも入れているわけですから、顔には多くの緊張状態があるわけで、それを定期的にメンテナンスして、自然な状態で入れ歯をいれましょうねというコンセプトから始めたもの。

IMG_4583

この重要性は今でもすごく大事に思っているものの、これの大きな事業化については全然手が回っておらずまだまだです。でもこれはホント大事なトリートメントだと思うんですよね。

もし医院でこうした取り組みにご興味ある先生いらっしゃいましたら、日本フェイシャルトリートメント協会という協会で、入れ歯利用者向け(高齢者向け)の表情筋機能再生トリートメントの実技と理論習得、その認定もやっておりますので、こちらにお問い合わせください。

 

日本橋は2年前に拡張移転をしました。

経堂は設立時のままの場所とサイズでやっていますが、それでもこの7年で得たものは大きい。

そして、改めてハイライフ事業の原点を垣間見て、さらに頑張ろうと力をもらいました。

 

帰り際、ドクターから「これでもし電話がじゃんじゃん鳴ったら、しばらくまた来ないでください笑」と。

「え、これで鳴ったら俺が来たからということで、いいことじゃない?」

「えー、でもそれでまた電話が止まったら困るので笑」

 

今日からの経堂への問い合わせ件数の推移が色々な意味で楽しみです。

 

入れ歯はデンタルオフィス経堂へ!!

電話番号は03-6804-4108!今すぐお電話を!!