30年

今年も残すところあとすこし。

そんな今年の年末、私が卒業した小学校の卒業30週年同窓会が開催されます。

夏頃Facebookでつながった当時の友人と「卒業30年だね」という話から同窓会開催が決定。つながりがある友人たちに声をかけたり、さらに拡げてもらったり・・今のところ60人近くの同窓生が集まる予定です。1学年200人くらいだから30%くらい。あと20人くらい追加されるといいな。

恩師の先生も3名ほどご出席いただくことが決まっており、30年経っても繋がっているのって、なんか不思議。

自分は小学校を卒業して中1の夏休みに転校してしまったから、それこそ小学校の同窓生のほとんどとは30年ぶり。でも10年前に6年の同じクラスの同窓会が開かれたから、その時の友人とは10年ぶりかな。

この週末、小学校の友人が名古屋から仕事で上京するというのでランチ一緒にと話をしていたらさらに2人も加わって4人でランチ。

うち1人はそれこそ小学校卒業以来の再会。でもすぐ昔に戻れるものなんですね。ホント嬉しくて懐かしかった。

今はFacebookやLINEなど、つながる手段はあるけれどやっぱりリアルで会うと一気に昔の記憶が呼び戻される。

30年経ってみんなそれぞれの人生を歩んできていい歳になってきているけれど、人付き合いや関係性に一切の損得が関係無かった小学校時代の仲間と会って思うのは、人の付き合いって、一緒にいる長さだけでなくて、同じ環境を過ごしたという共有感があるだけでも一生つきあえるんだなぁと。

年末の同窓会、楽しみにしてます。

 

私と同学年の皆さんは同じように卒業30年がちょうど来年3月です。ぜひ企画してみてはいかが?

今回もそうですが、当時の卒業アルバムの住所にハガキを送ると結構届きますよ。

逆に10年前にアップデートした同じクラスの友人の住所は送達率が悪かったです。

やっぱり10年前(32歳)からの10年は引越しやらなにやらありそうですが、逆に小学校時代の住所がそのまま実家として残っていて、本人は不在でもご両親から伝えて頂くとかのほうが多かったように思います。

もちろん全部は届かないですけれど。。

広告

還暦祝い

昨日は前職で技術移転事業に携わっていた時の大先輩の還暦祝いで当時の仲間が大集合。

画像は西城秀樹が還暦の時に出たバーモントカレーの還暦パッケージをいじってその先輩の画像を当て込んだものの、自主規制で顔はぼやかしています笑

当時の仲間が集まる時は私より下がさほど居ないので、40過ぎた今でも下っ端。その役割がありがたい限りです。

諸先輩方の近況を伺いながら、まだまだ勝負している変化している先輩方をみて力をもらい、益々頑張らねばなと。

当時のメンバーは技術移転事業をきっかけにして、テクノロジーオリエンテッドな企業の経営者となっている方も多く、技術+経営という、日本でもっともっと育って欲しい(育たなければいけない)起業ストーリーの礎がここにはあったよなと改めて。

PC一つでの起業もいいけど、営業力で勝負する起業もいいけど、もっともっと日本には技術と経営が出会う場が有機的にあればいいのに、と本気で思う。

ま、その難しさもやっていたからこそ実感としてわかる部分もありますが。

そんな企業経営者が多い集まりだったので、プレゼントもそれぞれの会社の事業に関わる夢のある(?)ものばかり。

エネルギー系ベンチャーの社長からは

「うちの技術が実用化した暁には、バイオ燃料10万円分」とか

「この技術がうまく商品化できたら、毛生え薬5000円分」とか、

タラレバ付のプレゼント。夢があって私は大好き。

うちからは「入れ歯割引券」をプレゼント。ただし有効期限は私の髪が抜け落ちるまでとか。急いでください。

それにしても還暦って若い!!

自分は還暦まであと18年半。まだまだ勝負できますね。

たくさんエネルギーいただきました。

そして今日は月1回の朝8:10からの理念研修。

毎度のことのように当日朝準備なので、今日も4時から会社の下のジョナサンで準備中。眠い。。。