臨時休校からのバイテック小学校開校

今日から小中高校が臨時休校。預けられない等どうにも対応がとれない場合は連れてきていいよ、みんなで協力して面倒みるからと先週末に伝えていました。
さっそく小学校3年生の子をもつお母さん社員から朝「本当に連れて行っていいですか?」と連絡があったので、もちろん!と。

さっそく今日の時間割と担当を割り振りを決定。

1限:ドリル(自習)
2限:ドリル見直し(鷲巣)
3限:わくわく教室(小倉)
4限:仕分け室お手伝い(内田)
5限:ドキドキ教室(是澤)

時間割

この3限と5限の「わくわく教室」「ドキドキ教室」ってなにやるんだ?と思いながら、それぞれ社員が快く1時間ずつ担当を受け持ってくれて感謝。こういう時はせっかくだから会社にきても楽しんでもわらないと。

1限:ドリル (自習)
自分でもってきた算数、社会、漢字のドリルをやりました。

IMG_4327

 

2限:ドリル見直し(鷲巣)
この時間は私が担当。ちょうど社会のドリルで「東北地方」を勉強していたので、青森出身社員と山形出身社員を呼んで、それぞれの「方言」の特別授業。
青森出身社員に「なんか方言ない?」と聞いたら「かちゃくちゃねぇ(イライラする)」が真っ先に出てきたのは謎。なにか苛立っていたのだろうか。

 

IMG_4328

 

3限:わくわく教室(小倉)
マーケティング部でWeb担当の小倉くんによる「わくわく教室」。
PCを使って簡単なゲームを作ったり、ゲームで遊びながらPC操作を勉強しました。

CBE8CDD0-76B8-4166-88D2-4A99596B4FA3

 

4限:仕分け室お手伝い(内田)
ちょっとお仕事のお手伝い。入れ歯の仕分け作業を手伝ってもらいました。バイト代は出ません。

 

5限:ドキドキ教室(是澤)
体育会出身の是澤くんには本当は「体育」をやって欲しかったのだけれども、今日は生憎の雨。
室内で2人で時間測りながら百マス計算を競争。

百マス計算

 

こんな感じで臨時休校で預けられないお子さんを会社で分担しながら面倒みます。

今日は小学校3年生1人でしたが、低学年と高学年が複数くるようになったらクラス分けして対応しましょう。

「私刺繍教えられます」とか、他の社員からも声がかかり、みんな協力的なのがありがたい。
世の中的には自粛ムードで悲壮感ありますけどね、せっかくの機会ですから、お母さん社員も働きながら、我々も子どもの相手をして癒されながら、お子さんにも普段にない体験を提供できれば。
我々も楽しいバイテック小学校初日でした。

入れ歯をアタリマエに in ベトナム

今日からホーチミンに来ています。

深夜1:30羽田発で朝5:00にホーチミンに着くという出張者泣かせのレッドアイフライト。

でも今回はなぜか体は楽でしたね眠いけど。

慣れたのとアシスタントSが後ろがいない席を取ってくれたので思い切り倒して寝れたからかな。

早朝着くのでホテルもアーリーチェックインできず(お金かかるし)、シャワー浴びて着替えてベトナムラボの始業まで近所のチェングエンコーヒーで一服。

このベトナムコーヒーのTraditional Cofee、15万ドン!コーヒー1杯750円です。(普段飲まないですけどね)

最近アジア進出したり、逆に外国人顧客を日本で相手されている方が増えているので当たり前になりつつありますが、アジアの物価って大きく二分されてきてます。

ステレオタイプのアジア=物価安いなんてもうまーったくなく、逆に相対的に日本が「安くて美味しくて安全な国」になってきていることをこういうところでも実感します。

来るたびにこちらの成長を体感するに、日本一点買いのリスクは感じます。

当社入れ歯屋は「日本の高度な入れ歯技術」を「世界」に広げます。日本は技術の根幹としてはとても重要で、でも市場は世界を見ています。

ここホーチミンはアジアに日本の入れ歯を広めるに超重要拠点となりました。

で、コーヒーで一服してGrabでラボに向かいます。

途中バイクと事故ったりしていましたが、着く前に荷物がたくさんあるから手伝いに出てきて欲しいっ言ったら、ベトナムスタッフ全員出てきて迎えてくれました。嬉しい。

でもなんか恥ずかしいのと無理にさせてるんじゃないかって、それこそ財前教授の総回診のような(笑)

みんな笑顔で迎えてくれたので嬉しかったけれど、あまり気にしないでいいからね。

で、ベトナムラボでは全員お揃いのポロシャツ着ているのです。

日本とベトナムの国旗が袖にあり、背中には当社の理念である「入れ歯をアタリマエに」が日本語で。

嬉しいですよね。こういう一体感。

これは現法社長が率先してこうしたチームビルディングをしていて、とても一体感がある現場です。

明日はそんなみんなと仕事終わりに食事に行きます。

そういえば現場のみんなとそういう場を持つのも初めてなので楽しみ。

入れ歯をアタリマエニに。

ベトナムからアジア全域に発信します。

ここにはその思いを汲んでくれている仲間がいます。入れ歯屋のアジアでの今後をぜひ応援してください。

溜まり場効果

夏くらいに会社から徒歩3分くらいのところに社員のご主人がオーナーの居酒屋がオープンしました。

以前から社員の福利厚生でみんなが溜まれる場があるといいなぁと思っていたので、会社でボトルを入れることに。

今お酒飲まない人も増えましたけどね、でもそういうのがキッカケで社員同士が会社以外の場で交流してくれたらと。

当社で入れてるボトルには入れ歯がぶら下がっています。そりゃ入れ歯屋ですから当然です。

社員はここで入れ歯ボトル飲んで、空けたら補充する、補充したら写真を私に送ったら私が払いに行くというシステム(笑)

先週土曜が出社日だったのですが、お世話になっている先生と会食をしていたら社員から「ボトルいただいています」と写真が。

会食終わった後に寄ったらまだまだみんな飲んでいたので混ぜてもらいました。

嬉しいのは、年次も部門もバラバラなみんなが一緒に飲んでいて仕事の話を熱くしてるのです。こんな嬉しいことないです。

私も最初に勤めた会社にはシーガルハウスという「場」があって、そこで他部署の人と繋がったり、様々な社員の先輩方と出会えたりしました。

うちはまだまだ小さいけれど、部門が変わると隣が何をやっているかなかなかわからないですからね、こういう「溜まり場」で部門を超えた横の繋がりができることは本当に嬉しい。

マスターに聞くと、1人でフラッときたり、数人で来たりと、結構使っている社員も多いようで(もちろん偏りはあるだろうけれど)、こういう場をますます活用してほしいと思います。

当社は拠点も増え、それぞれの拠点にこうした場がほしいけれど、できればお店が個人的な関係があるところの方が溜まり甲斐があるかな。

歯科技工士が海外で働くということ

今日は、新東京歯科技工学校の1年生を対象に「国際性講座」という授業の1コマをいただき、海外展開する企業の取り組みというテーマで講義をさせていただきました。

当社の海外での取り組みと方針、戦略などの話をすると同時に、当社のベトナムラボとネットで繋いで、現地法人代表と技術責任者、パートナーラボの代表、その後ろには当社のベトナムラボスタッフが揃って、日本人歯科技工士が海外で働くことについてのその実態について話をしてもらったり、学生の質問に答えてもらったりという感じで進めました。

双方向のコミュニケーションが取れたのと、ホーチミンと繋いだ時の学生の驚き?具合もなかなかいい感じのプレゼンとなりました。

 

歯科技工士学校の学生に話をする場面があれば毎回話をするのが、

・歯科技工士資格はこれからますますプラチナチケットになるということ

・海外で働く機会が増えていて、日本だけを見ていたらもったいないよということ。

といったあたりは繰り返し話をします。

どうしても歯科技工士という職種は、「人と話するのが苦手だから歯科技工士になった」なんて人もいたりと、割と内向き加減な人の出現率が多い職種でもあります。

しかし、これだけ日本国内において資格取得者が減ってきていて、ただし歯科技工技術は世界的に見ても高い教育を受けられる状況なので、国内のみならず海外も視野に入れた将来の選択肢のヒントに少しでもなってくれれば、今日の講義は成功かなとは思います。

 

ベトナムのパートナーの方から学生向けのアドバイスにこんな話がありました。

「海外に出ると、日本人歯科技工士=高品質 という目で見られることが多い。だからこそ、日本である程度は技術と知識を磨いてから海外に出ることを勧めます」というアドバイス。

海外で働く!というと、中にはすぐ外に出たい!と思う人もいると思うけれど、このアドバイスは真だろうなと。技術職だからこそ、近い未来に外に出ることを「計画」しておきながらも、その時の武器を最大に磨くために卒後数年を過ごすという考えはとても大事だと思います。急いては事を仕損じる。急がば回れ。焦らずいくことも大事ですね。

 

新東京歯科技工学校のみんなとは今後も何度か話をする機会もあると思うので、少しでもみんなの未来のために役に立てればいいなと思います。

 

さて、4月の100kmウォークの時依頼のブログの更新・・今日採用の打ち合わせがあり、「ブログ更新するように」との指令がありましたので、人生何度目かの「これからブログ更新するぞ!」宣言。

ダメですね。「酒やめる」と「ブログ続ける」はとっくに狼少年ステイタス。

「学生のみならず結構見られてますよ」と言われたので、脱狼少年がんばります。

ほんと毎日書き続けられる人は大尊敬です。

100kmウォーク2019雑感〜「ビリ」について〜

週末、今年も恒例の100kmウォークに参加してきました。

今回は総勢16名の挑戦者!!

当社の株主の三井物産のチームの皆さんも4名挑戦ということで、「出資したら100km歩くことになった・・出資を後悔しているのでは・・」みたいな声が聞こえたとか聞こえないとか(笑)

まぁ、それでも歩くことになったわけです。完歩目指してがんばりましょう。

IMG_2422

スタート前の集合写真。当然ですがまだまだ元気。

幸いにして天気はよく、気温は若干高めでしたが風が出ていたのでそこまで暑くならずにいいコンディションでした。

自然と各自のペースが合う人同士で集団となり進んでいきます。夜になると大勢の社員がサポーターとしてかけつけてくれ、一緒に歩いてくれたり、必要なものを届けてくれたりと、挑戦中の社員をサポートしてくれました。

サポートを名乗り出てくれたある社員は「去年歩いた時、サポートしてくれた先輩たちに支えられたから完歩できた。今年は自分がなにか出来ればって」と。嬉しいですよね。

 

私はいつもの通り、社員の最後尾について歩きました。最初の20kmくらいまではみんな喋りながら元気に歩いているのですが、それを超えてくると疲れの度合いやペースにもバラツキが出てきて、集団もバラけてきます。

そして、30kmくらいから新人Aが1人遅れだし、そこからは長い長いAの戦いがはじまりました。

歩けてはいるけれど、一度止まるととたんに足が動かなくなり、ペースがあがるのに時間がかかる。そんな状態の繰り返し。

 

夜になってくると、まだ口は動くものの、足取りは重くペースも時速3km台すら維持できなくなってきた感じ。

夜が明けて第7チェックポイント(75km地点)。

眠気もあって(私も眠くて)フラフラになりながらも一歩一歩進むものの、スピードは出ず、制限時間ギリギリに到着。

私の手元の時計ではタイムオーバーだったのですが、スタッフの方が「大丈夫。セーフ。ここまで来たら歩き切らないともったいない。後悔するよ。辛くても絶対に進んだほうがいい。」と。

この大会はタイムを競うのが目的ではないので、こういう心遣いがとてもあたたかい大会です。皆が挑戦者のゴールを後押ししてくれます。

鷲「A、どうする?前に進む?」

A「どうしましょう・・悩む・・」

正直この時Aはホントに悩んでいたでしょう。でも、ここで2年目のAが「ここから私も一緒に歩く」と言ってくれ、このあと彼女に本当に助けられました。

挑戦者のAと2年目Aが両方ともAなので2年目AをA2って書きますね(笑)

写真は一度火が消えかけた75kmからAとA2が出発するところ。

c53fee444a8cb4fd902df5396673f7791_4620693218539938017_190422_0056

A2はとにかく明るい。こんなに励まし上手なんだと思うくらい、AはA2の明るさに引き上げられます。

音楽に乗って歩くとペースが作れたり、私以上に前向きな声をAにかけ続けたり。

さっきまでのペースだと完歩はとうてい無理だと思っていたのが、調子が上がってきてペースも上がってきます。結局一度75kmで諦めかけた完歩の火は再び灯り、最後100kmを見事完歩することができました。

今朝Aに聞いたら「A2さんのおかげです。本当にあそこで辞めなくてよかった」と。

ぜひその恩返しを来年挑戦するメンバーにかえしてほしいと思います。

 

他の挑戦者も皆のサポートの甲斐もあり、チームバイテック、挑戦者16名全員完歩を達成しました!みんなおめでとう!!

人生に一度だけやればいい、二度目からは「趣味」といつも言っていますが、この経験がなにかの自信につながればと思います。

 

ここから先は今回の挑戦を通じて思ったことをつらつらと書きます。

それは「ビリ」についてということ。

 

先のAはその時点で最終挑戦者でした。いわゆる「ビリ」。その後90km過ぎに社員のOを抜かしたため、私はそこからOについてOを励ましながらゴールに向かうことになりました。

そして、最終チェックポイントを抜けてゴールに向かう中、「ビリ」から数えて5人中3人が当社社員だったんですね。

一瞬、なんでウチの社員は遅いんだろう?って思ったのですが、実は違うんですね。

「ビリ」って、ゴールした人の中の一番最後というだけであって、実はその後ろには途中リタイアした人がたくさんいるんですね。

逆に言うと、制限時間ギリギリであろうと、時間オーバーだろうと、諦めずに最後までやり遂げた人。それがビリなんだって気づいたんです。

これ、100kmウォークに限らずですが、速い遅い、出来不出来っていろいろ評価があったり、ボーターを設けられて順位が決められたり(ちなみに100kmウォークでは順位がつきません)することがあるけれど、

そもそもそれに挑む人と挑まなかった人、挑んだけれど(事情はいろいろあるにせよ)途中でやめてしまった人などが居ます。

そう思うと、「ビリ」から5人中3人がウチの社員だって、これは誇らしいなと。

先のAもそうだし、最後Aに抜かれたOも50kmくらいで足裏がズル剥けになりながらも泣き言言わずに最後までやり届けたんだもの。

この「やりきる」ところにものすごいハードルがあって、順番的に最後だろうとなんだろうと、「やりきった」価値は絶大だな、そう思いました。

思い返すと、過去の100kmウォークでも、最終挑戦者としてゴールしたのが当社社員の年が何度がありました。これまであまり考えてこなかったけれど、最後まで止めなかった社員達、本当に誇りに思います。

 

写真は全員ゴール後(使用後)の集合写真。一部屋内で休んでいるため全員は写っていないけれど・・

IMG_2470

2019年100kmウォーク、残すは打ち上げのみ!まずはお疲れ様でした。

 

 

入れ歯教育事業(デンチャーアカデミー)始めます。

今年9月、歯科医師向け義歯教育の場として、ハイライフ・デンチャー・アカデミー(HDA)を開校いたします。

HDAの技術統括責任者として、大阪大学歯学部歯学系研究科助教の松田謙一先生にご就任いただき、第1号カリキュラムとして、松田先生が講師をつとめる「Reaf Denture Course〜全部床義歯ベーシックコース〜」を東京と大阪にてスタートいたします。

 

1. HILIFE DENTURE ACADEMY 開校の背景

超高齢者会日本及び高齢化する世界において、歯を失った後に必要となる義歯を中心とした「欠損補綴」の需要は今後さらに加速的に高まると予想されています。

しかしながら、現在国内における歯科系大学の教育課程が、国家資格取得に向けた指導を強化する方向に向かっているにともない、大学の教育現場における補綴学を学ぶ機会が減少してきております。

その結果として、義歯の知識やテクニックを十分に学んでいない歯科医師が卒業後に臨床の現場に出てきてしまうという状況が起こっております。

学生時代に学びが少ない分、臨床現場に出て義歯の患者と対面してもどうしても自信がない、かといって先輩も義歯を学んできておらず教えられない・・

結果として噛めない義歯が蔓延して入れ歯安定剤が売れる、義歯を入れないで噛めないで困っている患者さんが増える・・なんてことが起こっています。

そのような超高齢社会の現実と歯学教育の方向性の食い違いについて長年大きな課題感をもっておりました。

なぜならば、そうした食い違いの「わりを食う」のは歯を失った患者さんです。しかもその患者さんの数は世界的に見ても益々増えていきます。

「入れ歯をアタリマエに」を掲げる当社としては、

「噛める入れ歯を提供する(コンフォート)」

「入れ歯が上手な歯科医師のところに患者さんが集まる仕組みを作る(ハイライフ)」だけでなく、

「入れ歯が上手なドクターを増やす」ことも重要な使命だと考えております。

 そうした思いから、卒業後に義歯の基礎から実技までを改めて徹底的に学べる場として、この度ハイライフデンチャーアカデミー(HDA)を開校するに至りました。

 

2. ReAF Denture Courseを2019年9月にスタート!

Reaf Denture Courseとは、松田先生が講師を務める義歯講座の総称です。

ここでは、様々な流派がある義歯治療において、その表層的なテクニックではなく、理論体系も含めた根本を学びます。

 

〜ReAF Denture Course冒頭文より〜

多くの歯科医師がすでに認識しているように、現在全部床義歯の臨床手法には実に様々な方法が存在しています。
確かに様々なテクニックやシステムは一見どれも上手く行くように見え、優れた義歯を提供できる場合もある一方で、多くの歯科医師が受講しても高いレベルに達せずに義歯臨床に苦慮している場合も決して少なくありません。
なぜそうなるのかを考えてみると、これまでの短期間の義歯教育セミナーでは枝葉(システムやテクニック、手法、手技)ばかりを学んで、幹(セオリー・原理・機序)あるいは根(生理学、解剖学、組織学、物理、力学など基礎系学問)を学んでいないためではないでしょうか。
本アカデミーでは、その根幹と基本的術式をマスターするだけにとどまらず、様々なシステムやテクニックが派生する元になった分岐点を紐解きつつ、各方法に潜在するメリットや注意点についても解説していきます。
そうすることで、症例に応じた最適な手法を選択することが可能となり、高品質な義歯を患者へ提供できる基礎体力を養います。

 

今年9月にスタートする全部床義歯ベーシックコースは

全8回16日(土日)、定員10名(東京・大阪それぞれ)の少人数集中講義です。

くわしくはこちらのリンクをご参照ください。

本日より正式なお申し込み受付を開始いたしました。早めに定員が埋まることも考えられますので、早めのご検討とお申込みをお勧めいたします。

「分割払いをしたい」

「一部の日程がすでに予定が埋まっているので東京↔大阪を振り替えたい」

など、ご要望ご相談にも柔軟に対応いたしますので、なんなりとお問い合わせください。

 

ReAF Denture Courseでは、初年度(2019年)は「全部床義歯ベーシックコース」のみの開催となりますが、2020年以降に、「全部床義歯クリニカルトレーニングコース(臨床実技)」「部分床義歯クラス」「歯科技工士向けクラス」なども準備を進めていますので、準備ができ次第ご案内いたします。

 

3. HILIFE DENTURE ACADEMY(HDA)では良質な講義・カリキュラムを拡げていきます。

HILIFE DENTURE ACADEMY(HDA)では、ReAF Denture Courseの他にも「義歯を学ぶ」良質な講義やカリキュラムをご用意しご案内していきます。

その講義の「質」の担保として、松田先生にはHDAの技術統括責任者にご就任いただき、講義やカリキュラムの内容の精査等にもご協力をいただきます。そうして「質」を維持すると同時に、国内にとどまらず、海外のドクターにも義歯を学ぶ機会を提供し、世界中の入れ歯利用者が「噛める」生活を送っていただく社会インフラの構築に寄与したいと考えております。

また、歯科医師向けに限定せず、歯科技工士向け、歯科衛生士向けなど、義歯を取り巻く良質な講義、コンテンツ、広く募集いたします。ぜひ持ち込みも大歓迎ですので、情報をお寄せください!!

 

 

元Ivoclar Vivadent社長熊澤氏の当社アドバイザー就任のお知らせ

昨年末の三井物産株式会社の当社への資本参画に続き、当社体制に関するお知らせです。

 

Ivoclar Vivadent社長の熊澤英明氏に、当社のアドバイザーにご就任いただくことになりましたのでお知らせいたします。

fullsizeoutput_2fde

熊澤英明
ケイ株式会社代表取締役。
現・株式会社松風入社、国際業務に配属され1991年から1999年まで米国現地法人子会社で海外市場マーケティングおよびVice President として経営に携わる。帰国後、サイブロンデンタルジャパン取締役ゼネラルマネージャー。Ivoclar Vivadent株式会社代表取締役社長として日本法人を立ち上げる。豊富な国内外ビジネス経験とネットワークをもとに、独立系の立場から歯科ビジネスを考える。

 

熊澤さんは、歯科分野において長年国際的にご活躍されていらっしゃいます。

その中でもIvoclar Vivadentの日本法人立上げからその代表として現在のIvoclar社の礎を築き上げてこられた手腕は、業界内外で非常に高い評価を受けていらっしゃいます。

そんな熊澤さんに、「日本の入れ歯ブランドを世界に!」という当社の理念に共感いただき、この度当社のアドバイザーにご就任いただく運びとなりました。

熊澤さんは、「義歯」と「エンド」の分野はもっと社会利益につながる変革ができる!とお考えで、その中で当社がやっている入れ歯事業に深い共感をいただけました。

今後当社は「日本の入れ歯ブランドを世界に」に向けて、熊澤さんの国際的なご活躍のご経験、知識、ネットワークのご支援をいただきながら、世界中で「入れ歯がアタリマエ」になる社会創造に向けて邁進してまいります。

 

また、熊澤さんは「歯」をかぶってくださるくらいとてもフランクな方です(笑)

スクリーンショット 2019-01-17 20.13.15

さらに心強いアドバイザーを得て、ますます精進してまいりますので、引き続き、入れ歯屋バイテック・グローバル・ジャパンをどうぞよろしくお願いします。

 

追伸:

今後何かで記念写真取る時、歯をかぶっていただく場合が(わりと)ありますので、皆様どうぞよろしくお願いします。