会社のお金でドイツに行けるのに・・という話

来年3月にドイツのケルンメッセにて、世界最大のデンタルショー、IDS2019が開催されます。

そして前回IDS2017に続き、今回も当社はそこにブース出展します!

日本企業はジャパン・パビリオンみたいなところにまとまって出展されていたりするのですが、当社はいつも単独で申し込んでいることもあり、また、そうしたジャパン・パビリオンに出ているような大手さんから「一緒にどう?」的なお誘いがあるわけでもないので、そこからは離れたところでひっそりと出しています(笑)

期間は3月12日〜16日。準備も入れると約1週間のドイツ出張。

今回、最大5名の社員を連れて行こうと思っています。

 

そして昨日、それに連れて行く社員のセレクションをやりました。

「やりました」というか、今年入ってすぐの1月の時に全社員に対して、10月12日にIDSに行きたい人のセレクションをやるので、希望者は準備をしてねという案内を出していまして、そのセレクションの日が昨日だったということです。

1月の案内はこんな感じ。

選考方法
①TOEICスコア
②コンフォートの商品説明(英語で)
③IDSに参加したいアピール(日本語で)

①TOEICスコア
2018年10月12日(金)までに、TOEICスコアを提出してください。
有効スコアは2015年10月以降に受験したものとします。
足切りスコアは設定しませんが、いいに越したことはありません。
TOEIC試験スケジュールは下記を参照してください。
https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/guide01/schedule.html
約2ヶ月に1回のペースで開催されていますが、
提出期限に間に合わせるためには、9月9日(日)が最後の試験です。ご注意ください。
受験費については1人1回分までは会社が負担します。

②コンフォート商品説明(英語で)
実際にブースにてコンフォート、クリネ等の当社製品について説明をする様子のロールプレイを行います。どういう会話になるかはその場にならないとわかりません。
一通り話ができるようにしておいてください。

③IDS参加したいアピール(日本語で)
IDSに参加して、どういう経験をしたいか、なにを見たいか、なにを感じたいか、
それを鷲巣にアピールしてください。
なにも先端技術について知るだけが全てではないでしょう。
世界最大のデンタルショーを通じて、学べること感じられることは他にいくらでもあると思います。参加して自分はどうなりたいか!熱いアピールをお待ちしています。

 

一部海外事業や英語業務に携わっている人以外はかなりドメスティックな当社のみんな、さてどれくらいエントリーあるかな。

でも、会社の金でドイツに行けて、最先端の情報や企業や商品にふれることができて、そりゃ行きたい人結構いるだろーと期待をしていました。

 

で、昨日。蓋をあけてみたら・・・

 

エントリーは2名。

 

 

ちょっと残念。でも一方想像もできる結果でした。

 

「行ってみたいけれど」「でも、英語できないし」「忙しいし無理だろぉ」
などなど、エントリーをしたいと思ってしなかった人、その心境はなんとなくこんな感じなんじゃないかなと。

ただ「観光で」、ただ「IDSを見て回る」だけであればなんのハードルもないですからね、それだったらエントリーはたくさんあったでしょう。

でも自社のブースで商品説明をしなければいけない・・

英語に自身がない社員にとっては、セレクションのハードル高そうに見えますからね。

「そんなの俺(私)には無理」って自分で自分の限界を決めてしまった人もいたんじゃないかなとも思います。

でも、前述のエントリー要項、
TOEICの結果の提出は求めていますが、「足切り点数は設定しない」と明記しています。

英語で商品説明と書いていますが、合格ラインがどこかなんて書いてません。

実は最初から、0点でもいいから、TOEICさえ受けてさえくればOKとするつもりでした。

英語のプレゼン、一言でも丸暗記した英語の商品説明を発すればOKとするつもりでした。

業務がどんなに忙しかろうと、その人が行くことになったら期間中その穴をあけることは良

しとするつもりでした。

 

これ、私の思考としては100kmウォークとまったく一緒。

完歩するに越したことはないけれど、最初から「無理だろう」とは思わずに、

まずは「スタートラインに立って、一歩前進しようよ」というのと同じ。
「行ってみたい!」と思ったなら、0点でも1点でもいいから恥ずかしがらずに思い切ってTOEICを受験してみる。

「全然しゃべれないけれど、棒読みでもいいから商品説明を英語でやってみる」

その一歩を踏み出すことができた人だったら、その英語力やTOEICのスコアはまったく無関係に合格にするつもりでした。

もちろん、英語がある程度できないと現場での商品説明がしきれず、IDSに参加することのパフォーマンスを極大化はできないかもしれない。

それでも、そのハイプレッシャーの中で挑戦した社員にとっては相当な経験と自信になると思うし、そのほうが会社にとって価値があると思うのです。
なかなかそこまでは伝わらなかったですかね。

 

社内で該当者がいなかった場合、内定者や社外の方で、コンフォートの商品説明をちゃんと学んでくれる人で都合つく人を募集しようかとも思っていますが、その前にもう一度「それだったら自分もやっぱり挑戦したい」という人を社内で追加募集することにしました。甘いので。

 

ただ、一度チャンスは目の前を通り過ぎてしまいましたので、最初のエントリーで合格した2人よりは要望を上げようとも思うし、今度は会社として役割と期待をもって行ってもらう人を選ぼうとは思いますが、今回のIDSが世界の中での当社の位置を知ったり、世界からどう見られているかを知る機会になってくれればと思います。

 

そして、こういうチャンスを掴みにいく勇気。

動かないほうが「なにも起こらないので安心安全」かもしれないけれど、恥をかこうが、英語ができなかろうが、それでもなりふりかまわず「つかみにいく」人になって欲しいなと、改めて思いました。

広告

どこの国も事情は同じだという確信と難しさ

バンコクです。このあたりは日本人が多いのでしょうか。ホテルの前の商店街には日本語が並んでいます。でも、ホテルではまだ日本人見ていませんね。中国系の方やASEAN系の団体のお客様が多いです。

さて、昨日もとても充実した会議が出来ました。

今回の出張でも沢山のご縁に恵まれましたが、なんだろう、会った方々で今後のキーマンになりそうだという方がどことなく日本で一緒にコンフォートの仕事をしているどなたかに似ていたりするんですよね。顔がというより、雰囲気だったり、考え方捉え方だったりが。

そういう方と自然に繋がってくるんでしょうか。それともこのコンフォートの事業に興味をもっていただく方々が同じような思考や価値観をお持ちだということなのかしら。そうかもしれない。

そして、改めて、歯科や入れ歯を取り巻く事情、環境ってどこの国にいっても同じだなと思いました。

 

基本的に義歯は安いもの。合わないもの。痛いもの。

そしてそれを解決したかったらインプラントだね。

この構造は日本でもそうだったし、どこの国に行ってもずーっと言われ続けてきたこと。

でもそうでもないことを我々は知っています。

「噛める入れ歯」「痛くない入れ歯」というものがあるということ、それが社会に必要だということが実はどこの国のドクターと話をしていても抜け落ちていたりするのです。不思議に思うかもしれませんが、ホントそうなんです。もちろん全員とはいいませんが、そういう方が一般的な感じがしています。

インプラントができない患者さん、手術を嫌がる患者さんはそしたら「噛めない」入れ歯しか選択肢がないか?いや、違う。そこに「ちゃんと噛める高品質な入れ歯」というカテゴリーがあるはずなのですが、そこに至らない。

そして、噛める入れ歯を求める患者さんが、どこの国にもいるのだという当たり前のことすら抜けて落ちている感じをいつも感じます。

 

私が感じる理由はいたってシンプルで、

要は入れ歯は難しくてちゃんと噛めるように出来ないから(出来る人が少ないから)。この一点。

あとは、普通の義歯がどこの国に行っても安いから、それと比較して高い値段はつけられない(と本人が思っているだけ)というマインドブロック。

これまたどこの国も同じで、その値段、その環境でずっとやってきてたらそのマインドブロックはなかなか壊せないでしょうね。でも、私には、当社にはそもそもそれがないからズカズカとやってきているし、これからもそうしようとは思います。

ただ、やはり事業としてやっていくには、もしドクターを相手にするのであれば、このマインドブロックを溶かす作業からはじめなければいけないということもこの事業の共通の難しさでもあるなと感じています。

でもこの壁って決して超えられない壁ではないんですけどね。ただ、面倒くさい。毎度毎度。

 

当然、このマインドブロックを一気に超えて噛める入れ歯を求めるお客様に高品質な入れ歯を提供する仕組みもありますし、当社でも持ちあわせています。

その仕掛けもちょっと前に動きましたがただ、もしかしたら今はまだタイミングではないのかもしれない。そのご縁の太さがまだ育っていない感じがしています。

 

そんなことを思いながらも、昨日のミーティングでは、このマインドブロックを無視し、新らしい形でのコンフォートの事業が出来る可能性が見えたこと、そして相手方がそれに充分な機能と能力をお持ちであって、コンフォートに興味をもってくださっていること。バンコクではなにかが起こるかもしれません。

コンフォートの海外事業は、これまで中国、ベトナム、インドネシアとはじまり、今回シンガポール、タイと巡り準備を進めています。

悩み迷いながらも一歩一歩コンフォートで噛める方を世界で増やしていくこの事業ですが、今回の出張が次の階段にあがるいい機会になりそうな、そんな感じを昨日のミーティングでも感じました。

 

しかし、シンガポールにしてもタイにしても、きっとなんとかなるでしょう。

そしたら第1回ASEANコンフォートミーティングをどこで開こうかな。そんな妄想も今からはじめておきたいと思います。各国のコンフォートパートナーや、技工士が集まったら面白いだろうなぁ。

 

そう言えば「国」単位に縛られる必要なかったという話

現在朝6:40。チャンギ国際空港です。これからバンコクに向かいます。

搭乗予定だった飛行機が過剰予約をしていて、飛行機変えるボランティアを募っていました。

7:10搭乗予定だったのですが、9:40に変えてくれたら150シンガポールドルを返してくれると。でもそれだとバンコクでのミーティングに間に合わないかもしれないから無理だというと、じゃあ7:40ならどうだ?朝食バウチャーあげるからと。

普段朝ほとんど食べないから朝食バウチャーより返金のほうがありがたいなと思いながらも、それならいいよ、協力するよというと。

すると、ターミナルは変わるは、朝食バウチャーはバーガーキング限定だと。

そんな朝からバーガーキング、しかも15ドル分なんてどれだけのカロリーだ。

と、見返りなど求めていないけど、多少面倒臭くなるとやらなきゃよかったくらいに思ってしまう小さい男だなと思った次第です。おはようございます。

 

さて、昨日までの2日間でシンガポール進出に向けて色々と動きが取れました。

当初想定していたプランは大幅に変更する必要があります。でもそれも含めて現場感、市場感がもてたのが大きな収穫でした。

シンガポールには800歯科医院しかありません。とても小さいコミュニティです。

この2日間で会った色々なドクター達に、他にあった人の話をすると、みんながみんなお互いを知っている。それくらいの小さいコミュニティ。でも、アジア全体で見たらやはりシンガポールは重要拠点だと認識しているので、ここでの仕事をしないわけにはいかない。というかやるということは決めています。

あとはどうやるかですよね。

コンフォートを提供するにあたって、シンガポールの中だけで考えると、オプションもある程度限られます。

でも、昨日話をしていて、あ、そうか、我々にはインドネシアにもベトナムにもパートナーがいるじゃないかと。

シンガポールだけにフォーカスして見なくても、ASEAN全域まで視野を広げると、コンフォートの製造拠点はすでに当社のパートナーがいるんですよね。そこまで広げてみると、またさらにオプションが広がる。

さらに、昨日お会いした会社は香港の技工所なのですが、シンガポールはじめ多くの国に営業拠点を広げ、技工は香港に送ってやっていると。

そしたら、その会社に技術提供すればもっと広がるが早いんじゃないか?などなど。

これらはまだまだアイデアレベルだし、ブログに書けるくらいだからなにも決まった話ではないですが、とにかくも、シンガポールへの進出だからシンガポール内で解決しようとしなくてもいいんだなと思いました。

市場は、お客様はシンガポールにいます。今高齢化が進んでいますからね。

でも、コンフォートの生産をそのクオリティをきちんと管理しながらやるにあたって、1ヶ国1箇所に製造拠点をつくる必要はそういえばないかもしれない。

もちろんあったほうが近いし利便性は高まるでしょうけれども、世界中の入れ歯の方々に届けるには、世界をひとつと見て考えれば、営業の拠点、生産の拠点、そのロケーションは「国」という単位で考える必要も必然もない。

今思えば当たり前ですが、それに気づけただけでも大きな収穫でした。

 

さて、次はタイ。

過去トライしても進まなかった国ですが、今回はまた違ったアプローチで攻め込んでみます。

クリニック側の情報は調べたものの、現地の友人に聞くと「もっとメジャーなところにいったら?」と言われ、どこがメジャーでマイナーかもわからないから、そこから教えてよということで、今日はともかく明日はほぼ突撃になるでしょう。

そう言えば、バンコクに来るといつも飛び込みで営業している気が笑

 

そろそろ搭乗です。では今日も1日頑張りましょう!

 

 

モヤモヤは数日熟成させると整理できるという話

シンガポールに来ています。写真はチキンライスです。

「ランチどこかないですかー」と忙しい友人に尋ねたところ、高島屋前のラッキープラザにあるラッキーチキンライスというところのが美味しいよということで、初のシンガポール飯をここでいただきました。美味しかったです。 #仕事です。 #出張です。

DSC02155

私にとっては初シンガポール。先月はじめの展示会IDEMでは急病につき来れなかったのですが、そのIDEMでの繋がりからの営業訪問です。

朝4:50に空港について5:30にはホテルに一旦着くものの、部屋には入れず。仕方ないのでロビーのソファやら、時間が経ったらスタバに避難するなどして、10時アポまでの時間を潰します。

その間に今回の出張での戦略や情報の整理をし、あらかた事前イメージを膨らませて置くにはちょうどいい時間でした。

昨日は歯科医院2件と技工所1件を訪問し、それぞれで本当に貴重な情報をヒヤリングすることができました。

IMG_4640

もちろん「ヒヤリング」に行ったのではなく、コンフォートをシンガポールで展開するための提案に行ったわけですし、事前に訪問前にメールやらSkypeなどであらかた情報を共有なりしてからの訪問だったわけですが、それでもやはり顔を合わせて話をするのはとても大事ですね。

シンガポールにおける歯科事情、ドクターの考え方、ドクターから見る患者さんの思考、ラボ側から見るコンフォートのビジネスチャンスなどなど・・・非常に多くの情報と、それにともなう多くの「混乱」「混沌」をいただくことができました。

最後は、ラボのマネジャーと、若手ドクター2名とで食事をしながら最後夜11時近くまでずっとコンフォートについて話をしてくださり、そこでもドクターのホンネだったり、シンガポールにおける歯科市場の繊細なところまでのヒントをいただくことができました。

IMG_4650

そして、ホテルに戻って同行しているメンバーO田とクールダウンで一杯だけ飲もうと。O田はお酒が飲めないのでコーラでクールダウン。

朝5時から夜11時まで動きっぱなしだったからさすがにヘトヘトでした。でも、朝から沢山の情報がインプットされたので今日のうちにクールダウンしておかないとということで。

「どうだった?今日の話を聞いて」

「そうですねぇ(これO田の口癖)。先生方の話も理解できるし、これまでのインドネシアやベトナムの状況からもどうにかできると思うし・・」と混乱している模様。

混乱というか、タイトルにも書きましたが「モヤモヤ」ですね。

整理してアウトプットしようとしても、インプットされた沢山の情報が、自分たちにとっていい話もよくない話も含め、それぞれがどれも理解できるからどうしたらいいのかモヤモヤしてしまう感じ。私もこれまでも沢山そんな状態になってきています。というかほとんど毎日モヤモヤですかね。

 

で、O田にはいいました。

そのモヤモヤは数日間熟成させようと。でもただ寝かすだけではなくてその間もリラックスして(焦って決めようとせずに)色々考えつづけるんだと。

色々考えて、あーでもない、こーでもない。こうだったらどうだろう。いやダメだ、それだとこうなる。じゃあこれだったら・・などなど。

そんな感じで焦らず答えを出そうとせずにモヤモヤのまま考えていると、ある時スカッと「あ、シンプルに考えるとこうじゃん!」と「決められる」ことが出来るよと。

 

昨日1日の情報は色々な立場や色々な考えの方がそれぞれの立場からの目線で様々な意見とヒントをくださいました。それは本当にありがたいこと。

で、それを全部叶えることなんて無理なのだから、自分たちの思惑も織り交ぜて最後は「決め」なければいけないものの、そんなすぐには決まらない。

色々なインプットをしばらく熟成させておくと、自分たちがやろうとしていることに近い道がパッと見えてきて決められる。その時には決める覚悟も出来る。

 

今日は今日でまた違ったタイプの医院、違ったタイプの方々とお会いします。

昨日モヤモヤし、一晩寝かせた状態でまた違った話を聞くことができるのがいいですね。

今日もきっとさらに混乱しモヤモヤするでしょうね。でも数日たったらシンガポール進出かくあるべきかが見えてくる。そう思っています。

 

そして、そのモヤモヤをなるべく早く解消する方法を知っています。

朝ランです。

朝ランはまさにそうした日々の仕事での決めにくいモヤモヤを走っている間に無意識に考え、ある時突然降りてきます笑

といいながら最近朝ランサボりがちなんですけどね。だからスッキリしないんだと・・反省。

ということで今日も張り切ってモヤモヤしてきます。

最後に、シンガポールで見つけた「コンフォート」。沢山走ってますねー。

IMG_4644

 

 

カナダの高齢者、歯がない人58%もいるのか!という話

昨日、インターンシップの発表がありました。

このブログでもいつも報告していますが、毎回毎回「終わりました。よかったです」じゃあつまらないので、学生さんが調査し、考えてくれたビジネスプランの中で公開してもよさそうな話をここでも紹介していこうかなと。そして世界の入れ歯について皆さんにも興味をもってもらいたいなと思います。

今回挑戦してくれた4名の学生さん達、お疲れ様でした。

今回は1日短い4日間でしたが、その中でフィールドワークにも出かけ、断られたりしながらも生カナダ人33人にインタビューを敢行、アンケートを集めたみんなの行動力はとても素晴らしかったです。

テーマがカナダということで、情報はわりと取りやすかったかもしれません。

でも、情報が沢山あればあるだけ、どういった情報を選び、そこから事業プランを構築していくか・・まさにそこが市場調査からビジネス・プランニングの醍醐味だと思うので、その一端を感じてもらえたのかなと思います。

最後の発表では厳しい意見も出てきましたが、それはみんなを学生扱いしていない証拠。

たった1週間とは言え、会社のプロジェクトに本気で取り組む。それが当社のインターンシップなので、「学生の調べ事ではない」と冒頭に話した意図はそこにあります。

でも、その「基準」で仕事をしているのだということ、社会人になったら1年目だろうとなんだろうとその基準を求められるということを知ってもらえたら、それでいいんじゃないかなと思います。

 

そして今回の「カナダの入れ歯市場を調べ、コンフォート進出プランを考える」というテーマ。

カナダの入れ歯市場、とても魅力的ですね。

スクリーンショット 2016-03-26 7.49.08

まずはカナダの高齢化。平均寿命は日本とほぼ一緒。

高齢化率はまだ15%程度かもしれませんが(日本は25%)、今後2060年に向けて超高齢社会に邁進していくようですね。ふむふむ。やはり日本が進んできた道をカナダのような欧米大国でも進んでいくというのはとても興味深いです。

だからこそ、入れ歯ビジネスは超高齢社会日本でやっていることを他の国に横展開が可能。

当該国にしてみたら日本の超高齢社会の状態は「未来の自国の状態」であることですから、我々は今の日本の状態の中で事業を組み立て世界に拡げていく。世界の入れ歯屋になれる機会は十分ありそうです。

 

スクリーンショット 2016-03-26 7.49.22

もうひとつ興味深かったのが、カナダの高齢者(65歳以上)の方の58%が無歯顎者(歯が1本もない)とのこと。ホント!?これはとても興味深い。ここはもう少し深ぼってみたいところですね。

7人に1人が義歯利用者だということは、市場は十分ありそうです。

そして医療保険の問題からも、カナダは十分コンフォートが進出できる余地がありそうです。

発表の後の打ち上げの後、振り返りながら、海外展開のヒントがだいぶ練れてきました。

結構インターンシップで各国の状態や、学生のみんなからのアイデアなどからかなりヒントをいただいていて、今後のコンフォート、ハイライフの海外展開について、現実的かつ機動的な案がまとまりつつあります。

2016年、海外事業も増員し、4月にははじめての海外展示会デビュー(シンガポール)、当社の国際化の本当の意味でのスタートになる年になるかもしれません。

インターンシップ「カナダ編」

今週もはじまりました。インターンシップ!

繰り返しになりますが、

「世界195ヶ国のどこかの国の入れ歯事情を調べ、コンフォートの進出プランを考える」

というのが当社のインターンシップ。

今回は4人の学生が挑戦してくれますが、日本人だけ、しかも男性だけという当社インターンシップでもはじめての組み合わせかもしれません。

だいたい毎回留学生がいたり、女性がいたりしてましたから。

それはそれでどんなインターンシップになるか楽しみです。

 

今週は月曜が祝日でしたので4日間でビジネスプランを考えることになりあす。

通常はDAY1は社内ヒヤリングをして5時過ぎに国ぎめをやるのですが、今回は1日少ないので、午後3時まで社内ヒヤリング、3時に国ぎめをして、早速国の調査に入ります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

「何を誰に聞くか」「どういう情報を得るか」を4人で話あってすぐ行動。なかなか頼もしいメンバー達です。

 

そして、肝心の国決め。

これはホント毎回緊張します。情報が多い国もあれば、情報が取りにくい国もあります。どこをひくかは運次第。

事前に「どこの国をひきたい?」と聞くと、

英語圏の北米か欧州、自分が留学していたカナダ、シンガポール(既出のため出ないけれど・・)、中国・・と色々な意見が出た中で、代表のHくんが引いた国は・・

 

カナダ!!

2

 

お見事!!

見事英語圏、しかも情報は取りやすそう!

これはビジネスプランが今から楽しみです。

「カナダの入れ歯事情を調べ、コンフォートの進出プランを考える」。

発表は今週金曜日17時から当社会議室で行います!

見学希望の方、ご一報いただければご招待します。

 

 

UAEの入れ歯事情とは?

今週も始まりました。インターンシップ。

毎度恒例の「世界195ヶ国のどこかの国の入れ歯事業を調べ、コンフォートの進出プランを考える」という当社のインターンシップ。

今回のチームは3名。大学院1年、大学3年、大学2年という構成。遠くは奈良から参加してくれています。

そして今回、くじ引き(国旗引き)の結果、今週のテーマは、アラブ首長国連邦(UAE)!!

これはなかなかいいところを引きましたね。

UAEと言えば、ドバイ。

ドバイと言えば、世界一高いビル、ブルジュ・ハリファ。

Dubai_skyline_(2)

あとは、こんな記事も以前見ました。

これはヤバすぎる! ドバイで乗り捨てられていた自動車の写真40選

 

まぁ、オイルマネーが潤沢にあって、こうした贅の限りをつくしているような国(という勝手な妄想)ですから、食べ物も歯に悪く、入れ歯の人が多いのではないでしょうか。(妄想続く。)

そして、そんな国にコンフォートが進出できたら入れ歯1つでUSD100,000!!とかならないですかね?(まだまだ続く妄想)

と、いうくらい、私自身ドバイのこと、UAEのことを知りません。だから今週のチームの調査とプランニングもとても楽しみです。

そして、日本の歯科とドバイと言えば、デンタルサポートさんが、ドバイにクリニックを開設されていらっしゃいますね。

さて、インターン生達はこの情報を得てデンタルサポート様に果敢にインタビューや調査に行くなんてことはあるのでしょうか?

もしその時はデンタルサポートの関係者の皆様、ご協力をいただけると幸いです。

「教えてあげてもいいけど、代わりに4月の100kmウォーク歩けよ」っていう条件付きでも構いません(デンタルサポート様は100kmウォークの運営協力会社でもあります)

っていうかもしそれをつきつけられた時に彼らがどう対応するかも見ものですが。

 

と、いうことで、金曜日の発表が楽しみです。

そして、今回の金曜日の発表には、昨年同様のインターンを受けて、関西の企業に就職が決まった学生が東京に来るのでというので飲みましょうと連絡をもらい、だったら見ていきなよということで発表を見に来てくれます。また4月入社の内定者や、今年別の回でインターンを受けた学生達も見に来ます。

嬉しいですね。会社のインターンシップがひとつの「場」になっている感じがして。

と、いうことで発表まで気合を入れて頑張ってください!!